<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

食欲の秋到来!

b0244034_09423962.jpg
おはようございます。

ブログでの更新は久々となってしまいました(;^ω^)

気づけばもうすっかり秋…というより、11月や12月の気温に等しいと言われる位、寒い日もある今日この頃ですが、地場のお野菜も端境期を脱し、小林農園さんの「はるみ」に加え、食欲の秋満載なお弁当を日々お届けしています♪

大和にある野風一号畑、綾瀬にある苗太郎畑は、まだ成長途中のお野菜が多いものの、地元の秋冬野菜がどんどん出てきました^^

b0244034_09445694.jpg
当店で人気が高い塩糀煮。

塩糀に漬けたお肉やお魚を、地場の大根と共にお出汁と塩糀のみで炊いた、優しい味の煮物は当店の定番メニュー♪

b0244034_09423828.jpg
そしてこちらも人気の高いNOKAZE風大根餅。

大根餅は、干しエビに加え、自家製干し舞茸や葱を入れ、無農薬柚子と有機醤油で作った熟成ポン酢でお召し上がり頂きます( *´艸`)

b0244034_09423997.jpg
地場の人参と牛蒡、自家採種二年目の無農薬鷹の爪を使ったきんぴらは、砂糖の代わりに甘糀を使い、優しくもご飯がススム味に仕上げております♪

この他にも、サツマイモ、サトイモ、葉物も、地場の物でお入れ出来るようになりました。

最近は、有難い事に、会議でのご利用に加え、地元の方だけでなく、遠方よりお待ち合わせの上、お引渡しさせて頂くお客様も増えてまいりました。

地で育った旬の物は、我々の身体にも自然で良い効果をもたらしてくれるのが、漢方の考えだそうです。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
by bento_nokaze | 2017-10-24 10:01 | 日々のお弁当 | Trackback

野風の可愛い子供たち♪

b0244034_11301192.jpg
ちょっとご無沙汰しております、苗子ですm(__)m

大和の一号畑も、綾瀬の苗太郎畑も、苗夫の助けを借りて、秋・冬野菜の準備を進めていますが、今日は大和の畑のご紹介をさせて頂きます♪

こちらは固定種の「みやま小かぶ」。

時期をずらして数度に分けて蒔いていますが、こちらは後から蒔いて本葉が出始めてきたものです。

野菜を育てる楽しみは、出芽や葉っぱが出る様子を見る事だったりもするんです( *´艸`)

b0244034_11310449.jpg
こちらは、固定種の「黒葉みの早生大根」。

葉っぱが混んできたので、この日に間引きして一本にしました。

b0244034_11301119.jpg
そしてこちらはレタス類などの葉物類。

b0244034_11301160.jpg
ギザギザの葉っぱが可愛い固定種「わさび菜」。

b0244034_11301367.jpg
こちらは半結球系リーフレタスの固定種「美味タス」。

b0244034_11301291.jpg
こちらはカラフルなリーフレタスの固定種のサニーレタスです。

これらは春蒔きしたものから自家採種して植えた物なのですが、花を咲かせた後どうやって種になるかと言いますと…、

b0244034_11323883.jpg
既にこちらでご紹介済みですが、こんな綿帽子が出来るのですが、その下に細長くて軽い種が出来ています( *´艸`)

b0244034_11301265.jpg
そしてこちらは、沢山種取したサニーレタスの種部分をそのままにしておいたら、勝手に種がこぼれて出てきてくれたサニーレタスです。

レタスは移植に強いので、こちらも間引きしつつ、大きくなってきたら移植したいと思います( *´艸`)

b0244034_11301208.jpg
畑の方では、今度で自家採種三年目となる鷹の爪が赤くなり始めた物もありますが…、

b0244034_11301211.jpg
まだ青い物も続々出てきているので、あの人同様、この時期に登場する人にお願いして、今のウチに青柚子胡椒を作らねば。

b0244034_11360381.jpg
今年限定でお借りしている0.3号畑では、後から定植した自家採種二年目の固定種ステラミニトマトが、また収穫できるようになってきました!

地場のお野菜は、葉物などが端境期に入っておりますが、もうすぐ終わりを迎える落花生、冬瓜、そしてこれからはサツマイモが出てきます♪

小林農園さんの「はるみ」の新米と、地場のお野菜を使った野風のお弁当、是非お楽しみくださいませ。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。 


[PR]
by bento_nokaze | 2017-10-06 12:01 | 畑仕事 | Trackback
b0244034_11373911.jpg

大変ご無沙汰しております、栗子ですm(__)m

いつの間にか暑かった夏も終わり、私の季節となりました。

この時期になると、地場の栗を、いつ、どこで手に入れられるかが頭から離れない時期となるのですが、今年は素敵な出逢いがありました!

b0244034_14192290.jpg

こちらは当店の本当にすぐ側にある栗林で、毎年ずぅ~っとこちらの生産者さんにお逢いしたいと思っていたのですが、開店五年以上経っても、全くお逢い出来ずにいた場所です。

この写真は、九月中旬の朝のウォーキング時に撮った物ですが、今年も落ちていく栗を見ながら、今年もお逢い出来ないのだろうかとあきらめていたのですが、先月末のとある日に、何の気なしに通ってみたら、軽トラが停まってる!!!!!!

…ということで、興奮冷めやらぬ状態を抑えつつ、お声がけさせて頂き、収穫のお手伝いをさせて頂きつつ、仕入れさせて頂く事になりました!

b0244034_11373994.jpg
木の上で弾かれ、もうすぐ落ちてきそうな栗ちゃんもいます!

栗は毎年地場の栗を仕入れさせて頂いていましたが、収穫のお手伝いをさせて頂くのは初めて!

b0244034_14214410.jpg
突然お声がけしたにも関わらず、色んなお話を聞かせてくださった上、新しいグローブまで貸してくださいました!

b0244034_11373900.jpg
苗子はいつもビニールの使い捨ての手袋をはじめ、農家さんの所に仕入れに行く時に、すぐ収穫させて頂けるように、色々な七つ道具を常備しているのですが、栗のいがは、さすがにビニールの使い捨ての手袋では役に立たず(;^ω^)

その日で今季の収穫を終えられるところだった農家さんに収穫の仕方などを教えて頂きながら、栗園を案内して頂きました。

毎年最後の方まで栗が木に付いたままの物も多く、耕作放棄地とばかり思っていた苗子でしたが、栗園だけかと思っていたそちらでは、奥ではお野菜や柑橘類なども育てられており、相模原の市場に卸されているとのこと!

そして、木に最後まで付いている物は、受粉出来ずに実がつかなかった物だという事も分かりました。

今まではとにかくタイミングが合わずにお逢い出来なかっただけなのですね( ノД`)シクシク…

b0244034_15274991.jpg
約六年越しにお逢い出来た生産者さんは本当に良い方々で、この辺りの変化や育てられている物含め、色々お話を聞かせて頂き、採れ立ての栗を仕入れさせて頂きました!

b0244034_11373911.jpg
興奮冷めやらぬ栗子でしたが、チルド室で暫く保管してから甘味を上げた後、いよいよ今年の栗仕事の始まりです!

b0244034_11373993.jpg
鬼皮を剥いて…、

b0244034_11373815.jpg
何度かあく抜きしながら丁寧に渋皮を取ります。

栗は梅と同様、一種類だけ植えていても交配しないとのことで、利平を中心に数種類を植えられているそうですが、立派な栗でした!

b0244034_14314426.jpg
沖縄産のきび糖を数度に分けて、じっくりゆっくり炊いて…、

b0244034_11374015.jpg
鬼皮を剥き始めてから、三日がかりで完成です!

こちらは出来上がってすぐの写真なので、まだ白っぽく見えるかもしれませんが、長期保存出来るように瓶詰めしたので、また色も変わってくると思います( *´艸`)

b0244034_14295382.jpg
栗の甘露煮も少量作って、熱湯消毒した瓶に詰めて、更に煮沸殺菌&脱気。

これで一年分の特製弁当用のスイーツが出来ました!

こちらは手間暇かかり、多くお作りする事が出来ないため、梅の甘露煮とともに、季節に合わせて特製弁当にお入れしています。

仕入れにあちこちの農家さんを回りつつ、地場の栗を探し求めていた例年でしたが、これからは毎年栗が収穫できる頃にお声がけ頂ける事になり、栗子も一安心。

本当に良いご縁に恵まれて、感謝した今年の秋でした。

Iさん、本当にありがとうございましたm(__)m

苗子は、秋・冬野菜の準備と、固定種の自家採種などに追われていますが、今年の小林農園さんの「はるみ」の新米も大変ご好評いただいております。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。 


[PR]
by bento_nokaze | 2017-10-04 14:53 | スイーツ | Trackback

神奈川県大和市中央林間にある完全ご予約制の仕出し弁当屋です。「地球と身体に優しく」をモットーに、「自家製」と「地場産」にこだわったお弁当をお届けします。


by bento_nokaze