カテゴリ: L梅仕事( 91 )

b0244034_06404940.jpg


おはようございます、梅子ですm(__)m

先日こちらで、今年の梅干し終了宣言をしたものの、Yahooさんの前日の天気予報によると、なんと翌日は一日快晴な上、気温も25度以上の夏日になるとのこと!

b0244034_06470273.jpg

これは、今年の夏、店主に土用干しをさせて貰えず、まだ干しきれていない梅ちゃん達もいるというのに今年の梅干しは泣く泣く諦めさせられていた梅子でしたが、今度は店主の不注意で足に火傷を負いまして( ノД`)シクシク…

何とか長靴を履いて苗子が畑に行ったところで、結局土を耕す事もマルチを貼る事も出来ないと諦めたので、やっぱり梅干しは今年のウチに干したいという梅子の意志を尊重してあげる事にしました💦

b0244034_06511249.jpg

いやいやそうは言っても畑から帰宅して空を見上げると、こんな感じで今にも雨がまた降ってくるんじゃないかというお天気…。

おいおい、Yahooさん、信頼してたのにどういうこと?と思っていたら、いきなりお天気になりだしたので、いてもたってもいられず残りの梅が入った樽を抱えて梅子が干し始めた次第です💦

b0244034_06405179.jpg

今年はとにかく無理をせず数量ずつ干したので、一樽に漬けた大梅も干すのはこれで四回目。

樽からそぉ~っと出してザルに入れて梅酢を切った後、丁寧に並べていきます。

b0244034_06405038.jpg

こちらは干してから一時間後位の状態。

表面は何となく乾いてきましたね。

近くで開催されている秋祭りのBGMで流れる「大和音頭」が聞こえてきたりして、秋干しもなかなか良いじゃないかと思ったりしていました( *´艸`)

b0244034_06404940.jpg

そしてこちらは陽射しも出てきて、梅の皮もシワシワになり始めた頃です。

ふっくらしていた梅も段々沈んできた頃には、大和音頭が聞こえなくなったと思ったら、なんとお祭りの祝詞が聞こえてきました!

うーむ、これはご利益ありそうな梅干しになりそうです♪

b0244034_06404905.jpg

裏返してから暫く経つと、塩が吹いて来ます。

この頃には、子供たちのおみこしが始まってワイワイガヤガヤお祭りらしくなってきていました^^

b0244034_06405129.jpg

そしてこちらは夕方になり室内に取り込む直前の様子です。

お祭りも模擬店の準備や催しが始まって更にガヤガヤし始め、最近流行りのJ-popまで流れてきました!

最近のお祭りは何だかイケてる感じです(笑)

結局想像していたより晴れたり曇ったりの一日でしたが、この梅はそんなに大きくないので、毎年一日で仕上げる事が殆どなので想定内。

b0244034_08111162.jpg


…ということで、この日をもって、既に干しあげた神谷さんの小梅含め、今年仕込んだほぼ全ての梅を干しあげる事が出来ました。

「ほぼ」と言っているのは、ザルに干しきれなかった梅が本当に少しだけあったので、それは予定通り実験用と来年の講座用に取っておきます( *´艸`)

そしてこちらが、一晩寝かせて先ほど瓶詰が終了した今年最後の梅ちゃんです。

開店して以来夏が一番元気だった店主でしたが、今年はもうどうする事も出来ず、梅子や苗子の意志を抑え込むのに必死な日々を送っていましたが、なかなか聞いてあげられなかった梅子の意志をやっと尊重してあげる事が出来ました。

梅子よ、待たせてごめんね。

でも、何とか無事干しあげた上、結果的には沢山のご利益ありそうな梅干しになって良かったね( ノД`)シクシク…

2018年最後に干した梅干しは、地元の秋祭りのご利益を沢山受けた「The大和のご利益満載梅干し」と名付ける事にしました💛

10年以上かけて梅子が編み出した梅干しの作り方は、重石を使わず、ふっくらジューシー♪

皮の薄さと柔らかさ、画像からご確認頂けると思いますが、来年も開催するであろう「梅子と始める梅仕事♪」講座は、ザルの選び方にも焦点をあてて、開催予定ですのでお楽しみになさってくださいね^^

全く一人芝居も良い所かもしれませんが、いつの間にかどんどん出てきたキャラクター達に助けられて野風は続けて来れていました。

そして早い物で通常ならもうすぐ栗子が登場する季節💦

どんなにキャラクターを登場させても、結局は身一つ…。

ゆず子も栗子も鱈子も登場しだす季節とはなりますが、今はそれぞれのキャラクターが「あれをやれ、これをやれ」という言葉にちょっと耳を塞ぎ、店主自身の体調管理を一番に念頭におき、養生させて頂きたいと思っています。

野風再開は今の所未定となっておりますが、農家さんや周りの方々のご協力を得て、出来る事から始めていくような企画を企み中ですので、もう暫くお待ちくださいm(__)m

2018年9月24日
店主
梅子



[PR]
by bento_nokaze | 2018-09-24 07:11 |  L梅仕事 | Trackback

2018年 梅干し終了!

b0244034_13021767.jpg
大変ご無沙汰しておりますが、梅子ですm(__)m

既にお知らせしておりますように、現在勝手ながら休業させて頂いておりますが、やっと秋らしい季節になってきた今日この頃。

お陰様でやっと店主も徐々に回復の兆しを見せ、昨日やっと小梅、大梅含めた今年の梅干しを終了しました!

今年の土用入りは7/20。

例年通り、土用入りから土用明けまでの間に干す「土用干し」を目論んでいた梅子でしたが、今年はそれどころでは無く、梅干し日和の日々が続いていた時期には、自宅で療養するしかないという2018年夏となってしまいました💦

それでも梅干し日和が続く日には、どうしても我慢できず、「第四回 梅子と始める梅仕事♪」で生徒さん達と仕込んだ神谷さんの小梅ちゃんだけは早く干したいと完全防備して、まず干しあげました。

b0244034_12341746.jpg
梅子の一番弟子と言っても過言では無い梅之助がプレゼントしてくれた真新しい笊も使って干した小梅の白梅からスタート。

これを干しあげたのは、なんとお土用明け翌日のお盆入りの日。

今年は「土用干し」ならぬ「お盆干し」が梅干しスタートとなりました💦

b0244034_12341880.jpg
お次は、講座内で生徒さんと一緒に仕込んだ小梅干しに、自家製無農薬固定種「ちりめん赤紫蘇」を加えた赤梅干し。

こちらは8/19に干しあげました。

残るは大梅…。

今年は梅の裏年にあたる事もあり、例年お世話になっている近所の老梅の無農薬梅だけ、かつ赤紫蘇を入れない白梅干しだけを仕込みました。

それもやっと何とか大梅を干し始めれたのは、八月最終日…。

b0244034_13021774.jpg
いつもは、こちらの記事でご紹介しているように、 脚立にある限りの笊を乗せて干しあげるのを数日がかりで行うのですが、今年はとにかく無理をせず、苗子の簡易育苗ハウスで使ったスチール棚に乗るだけ…、つまり梅之助に頂いた真新しいザルと、長年使いこんでる一番大きなザルの二つだけを使い、もう暦の上では秋になった後、数日に渡って干しあげていました。

お陰様で9月も後半に入ったものの、昨日は日中は梅干し日和とも言えるお天気だったので、無事終了。

実は全部の大梅を干しあげた訳ではないのですが、塩漬けにした梅は、ある保存状態をキープすれば腐る事も無いし、日差しも一日カンカン照りになるという事も今後は無さそうなこと、また干しあげた梅干しを入れる容器も無くなってきたのと、今後の梅子の講座での実験も兼ね、残りは来年干しあげる事にしました。

b0244034_13383975.jpg
こちらは梅子というキャラクターが誕生させざるを得ない位忙しかった2015年の夏に仕込んだ神谷さんの大梅で作った白梅干しです。
(ちなみに、梅子が誕生した記事は、こちらですが、既に苗子は誕生していたことを今知りました💦)

この年はまれに見る梅の生り年で、もうひたすら神谷さんと一緒に収穫しては、梅干しを仕込んでいた年でしたが、色々な方に食べ比べして頂いても、この「神谷2015年白」とラベルに書いた梅干しが極上だという評価を頂いたほど、今まで作った中で一番の出来でした。

当店では、少なくとも三年以上熟成させた自家製梅干しを使用しています。

今年仕込んだ梅干しも、皆さまのお口に届くまでには三年以上先ということになりますが、お楽しみになさってくださいませ♪

「第四回 梅子と始める梅仕事♪の 記事以来、わたくし梅子の登場すら一切なかった2018年夏でしたが、そんなこんなで今年の梅仕事は無理やり終了とし、来年に繋げていきたいと思います。

こちら で既にお知らせいたしましたように、地場のお野菜も端境期に入った事もあり、引き続き暫く休業させて頂きますことご理解くださいませ。

急に肌寒くなったり、またお天道様が元気に出だしたり、気温差が激しい日々が続いています。

皆さまも体調崩されないよう重々お気をつけくださいませm(__)m

2018年9月20日
梅子

[PR]
by bento_nokaze | 2018-09-20 13:57 |  L梅仕事 | Trackback
b0244034_07181015.jpg
第四回梅子と始める梅仕事」講座、無事終了いたしました!

b0244034_07181124.jpg
講座では、今年でお付き合いも6年目となる神谷さんの小梅ちゃんを使用させて頂きました。

今年の講座開催日前は、生憎雨の天気予報で、コロコロ変わる予報と、ずぅ~っとにらめっこしながら、5/23(水)に収穫する事に決定。

b0244034_07181079.jpg
午後から雨が降るという事だったので、8時前に収穫を開始。

今年は強風の日が多く、潰瘍病という病気にかかってしまった梅も多かったので、例年以上に時間をかけて神谷さんと二人で丁寧に収穫しました。

b0244034_07181063.jpg
今年は暑くなるのが早く、熟すのも例年に比べて早いということで、一週間ほど早く講座を開催しましたが、去年開催時と同じ位の状態でしょうか。

柔らかく美味しい梅干しを作るには、まだ若干青い状態でしたが、想定内。

生徒さんには追熟の方法もお伝えするので大丈夫です!

なんと収穫し終えて、写真を撮り終えた瞬間に雨が降ってきたので、本当にラッキーでした^^

b0244034_07242645.jpg
そして二日後の講座開催日は、まずは当店のお弁当と、梅子が過去に作った収穫時期、産地、色、熟成期間、大きさが異なる梅干し、梅を使った様々な調味料を試食しながらお召し上がり頂きました。

メインは、当店自慢の大和産津久井在来大豆で作った五年熟成自家製味噌を使った豚の味噌漬けにしましたが、副菜は梅を使った調味料を使ってサッパリお召し上がり頂けるものを意識してお作りし、通常のメイン1品より品数も少し多いだけでなく、梅子が「究極の梅仕事」と思ってお作りしている梅の甘露煮も特別にお入れしました!

梅の調味料は、梅の収穫時期や、熟成期間が違う物を比べながらの試食。

卵焼きや小林農園さんが作られたハルミのご飯の美味しさ、手間暇かけてお作りした甘露煮もお褒めの言葉を頂きながら、梅だけでなく他のお弁当の中身や作り方などお話しながら約一時間のお食事・妄想タイム。

副菜の一品で、食欲が落ちがちな夏でも、梅の調味料があれば、サッパリ、それも火を使わず、簡単に調理できるレシピもご紹介させて頂き、ご自宅に帰られてからの梅仕事に夢を膨らませて頂きました^^

実際に食べ比べて出来上がりのイメージを頭に描いて頂いた後は、参加者皆さんと合計1kgの小梅ちゃんを使って梅仕事開始です!

b0244034_07181027.jpg
最初に水に浸ける時だけに見られる産毛が水を弾く小梅ちゃんの宝石のような様子。

毎回梅仕事の楽しいメインイベントの一つとなるのですが、今回の講座でも皆さん喜んで頂きました( *´艸`)

b0244034_07264398.jpg

バスタオルの上でコロコロ転がしながら、水分を取った後はみんなでホシ取り。

b0244034_07550769.jpg
しっかり水分を取って乾かした後は、アルコール消毒してから塩をまぶし、密閉袋に入れて、塩漬けまでが終了。

梅子の作り方は、ふっくら柔らかい梅干しを作るため、ギリギリまで梅を追熟させて、重石をしない方法となります。

b0244034_07242628.jpg
梅干しづくりは、一日で終わる事が出来ず、赤紫蘇を入れる場合や、干しの作業を経て出来上がるため、毎年修正・加筆しながら作成している講座資料も、梅仕事のカギとなる梅の色や状態を見極めるため、全編カラーの写真付き。

資料を元に、梅子が失敗や成功を重ねつつ、10年以上かけて習得したコツを伝授させて頂きました。

美味しい梅干しを作るには熟度の見極めがポイントの一つになるものの、毎年梅の熟す速度が違い、講座開催日を決定するのが本当に難しく、短い告知期間にも関わらず、満席で開催させて頂きました。

今回は初めて参加される方が半分、過去にも講座に参加してくださった方が半分で、市内在住の方よりも、市外から参加して下さった方が多い講座となりました。

お忙しい中、皆さんご都合を付けてご参加頂き、ありがとうございました。

基本的に一度講座に参加して頂ければ、以降はご自身で梅仕事が始められる講座内容となっているのですが、この講座を楽しみにして続けて参加して下さる方も多く、今年も参加ご希望だったけれど、今回は都合が合わず断念せざるを得なかった方もいらっしゃり、申し訳なく思っています。

講座を開催するまでは、梅子一人で楽しんでいた宝石のような梅ちゃんをはじめ、梅仕事の楽しさを、皆さんご自宅に帰られてからご家族の方と一緒に体験されている様子を続々と報告してくださり、本当に嬉しく思っています。

講座では、なぜ地場産にこだわるのかを含めお話させて頂きましたが、地場の物に限らず、手仕事、料理をする物に対して、感謝と愛情を持って作業をする事の大事さ、楽しさを感じて頂けたら幸いです。

最後になりますが、梨の摘果作業でお忙しい中、ギリギリまでスケジュール調整してくださった神谷さん、これまたお忙しい中、梅の性質、梅子の講座の主旨をご理解頂き、短い時間の中、日程を決めて今年も講座の開催をさせて頂いたあとりえ・すぱいすさんに心から感謝の気持ちを述べさせて頂きます。

どうもありがとうございました。

なお、今年は裏年にあたり梅の収穫量も少ないため、昨年初めて開催出来た大梅の講座は開催しない予定でおりますのでご了承ください。

神谷さんの梅はグリーンファームあい菜フローラ店を中心に販売されていますが、出荷状況は日々異なる状況だそうです。

梅の旬は本当に短いです。

出逢った時が作り時ですので、是非多くの方に梅仕事を始めて頂ければ幸いです。

今年も新たな梅子さん、梅男さんが誕生しますように^^

[PR]
by bento_nokaze | 2018-05-28 08:54 |  L梅仕事 | Trackback

b0244034_18554230.jpg


ご無沙汰しております、梅子ですm(_ _)m

今回で第四回目となる「梅子と始める梅仕事♪」。

今年も大和市上和田の神谷さんの小梅を使い、あとりえ・すぱいすさんにて、開催させて頂きます!

まずは当店のメイン1品のお弁当と共に、産地や熟成期間、大きさの異なる梅や、赤梅、白梅などなど、梅子が丹精込めて過去にお作りして来た様々な種類の自家製梅干しや、梅干を使った調味料と共にお召し上がり頂き、出来上がりのイメージトレーニング!

そして皆さんで合計1kgの小梅を最初から仕込んで、塩漬けまでを行います。

講座費用に含まれる小梅1kg分は、ご自宅に帰られてから、お好みの熟度、分量で、塩漬けにしたり、講座内でご紹介する梅を使った調味料にしてください♪

梅の品種より、いかに上手く梅の熟度を見極め、梅干づくりを始めるのに最適な状態に追熟する事が、美味しい梅干を作る大切な一歩と梅子は考えます。

開催日当日に梅が梅干を漬けるのに最適な状態になっているかどうかは収穫時期まで分からないため、講座ではこのような形を取らせて頂き、梅の見極め方、追熟方法などをお教えいたします。

ご購入された梅の状態や追熟の状況、皆さんがご自宅に帰られてからの梅の様子などは、後ほど作成されるFacebookのイベントページなどで細かくアフターフォローさせて頂きますので、初心者の方も安心して頂けると思います^^


b0244034_18350326.jpg
そして今回も、講座に合わせて神谷さんの梅を特別予約販売します!

今後の天候にもよりますが、今年は暑くなるのが早く、梅が熟すのも例年より早いことが見込まれます。

大梅の白加賀は青梅の状態で、普通の梅干には向きませんが、カリカリ梅や、梅酒、梅醤油、梅酢、梅味噌、甘露煮、梅味噌などなど、色々作る事が出来ますね♪

こちらで昨年参加された方のご感想や、作られた写真などがご覧頂けますので、ご参考になさってください。

申込み受付期限は、5/21(月)です。

ご参加出来る人数に限りがございますので、ご興味おありの方は、お早めにお申し込みください♪

【講座内容詳細】
場所:あとりえ・すぱいす(大和市南林間1-11-5)
日時:2018年5月25日(金) 12時30分~15時30分
費用;税込5,000円 (野風のメイン1品弁当、神谷さんの小梅1kg、塩、密閉袋込み)
申込: ☎046-205-3461 ✉a.spice.55@tbt.t-com.ne.jp
申込受付期限:2018年5月21日(月)
持ち物:エプロン、三角巾、清潔なタオル2枚、筆記用具

神谷さんの梅の予約販売は、小梅 680円/㎏、大梅(白加賀)700円/㎏となります。

ご入り用の方は、同じく5月21日までにお申し込み下さい。

ご参加お待ちしておりますm(__)m

*****

地場のお野菜も既に夏野菜がチラホラ出始め、端境期を脱し始めております。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
by bento_nokaze | 2018-05-11 18:59 |  L梅仕事 | Trackback
b0244034_11564581.jpg
ご無沙汰しております、梅子ですm(__)m

数日前に、やっと今年仕込んだ梅を全て干しあげたものの、アップする時間が無い位、相変わらずバタバタした生活をしておりますが、いましがた、被災地支援活動の支援金集めにご協力頂いていた方に、梅子がお礼に差し上げていた「梅子のスッパうめぇ~ジャム」の最後の一瓶がなくなったというお知らせを受けました。

あとは、早くから支援の意思を表明して頂き、ヒョンなご縁でご連絡を取らせて頂けた高校時代の先輩にお届けするのみとなりました。

何度もリピートして支援して下さった方も沢山いらっしゃいます。

支援にご協力頂いた全ての皆様、支援活動にご協力頂いた「まぼろしの珈琲屋 猫月cafe」さん、、「Desk Cafe 中央林間店さん、そしてここ数年お世話になっている梅ジャムの原料となった梅を分けて頂いている地主さんと、その老木ちゃんに、心から感謝の気持ちを述べさせて頂くとともに、こちらでお礼の言葉を述べさせていただきます。

どうもありがとうございました。

昨年は、熊本への物資支援という形を取らせて頂き、残りの額は東日本大震災・熊本地震義援金へそれぞれ均等に寄付させて頂きましたが、今年はまずは東日本大震災の被災地の一つに梅子が過去に作った熟成梅干しを送らせて頂く予定です。

当店を始めるきっかけの一つになった東日本大震災。

小さな店でも、小さな事でも、あの日を忘れず、色々な方のご協力を得れば、何か出来る事があると信じております。

これからも、色々な形で続けていく所存ですので、ご協力よろしくお願いいたします。

今回頂いた支援金は、瓶代など必要経費を除いた全てを被災地支援活動に責任を持って使わせて頂きます。

ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

2017年8月25日
手作り弁当 野風代表 梅子



[PR]
by bento_nokaze | 2017-08-25 12:13 |  L梅仕事 | Trackback
b0244034_15035325.jpg
こんにちは、梅子ですm(__)m

こちらでご紹介しておりますように、被災地支援活動のためにお作りした「梅子のスッパうめぇ~ジャム♪」ですが、まぼろしの珈琲屋 猫月cafeさんに加え、Desk Cafe 中央林間店さんでも置いて頂けるようになりました!

b0244034_12242955.jpg

原材料は、大和産無農薬完熟梅、砂糖のみの添加物不使用の手作りジャムです。

こちらは非売品なのですが、東日本大震災と熊本地震大震災の復興支援のための支援金集めにご協力頂いた方に、梅子が個人的にお礼としてお渡しさせて頂く形を取らせて頂いております。

以下、過去にお知らせしていた内容と被る部分もありますが、改めて今までの経緯をお知らせさせて頂きます。

当店は、開店六年目となりますが、この仕事を始めるきっかけになったことに東日本大震災がありました。

以前は、「大和の人参ジャム」や苗子が作った苗などの売上金から義援金にそれぞれ寄付させて頂いていましたが、昨年の熊本地震が起きた時は、東日本大震災での経験も踏まえ、被災地への物資支援という形で梅子が作った梅干しを送らせて頂いたり、人参ジャムなどの売上金は、全額、もしくは一部を義援金に寄付させて頂きました。

しかし、今回の梅ジャムは、一口500縁ご協力頂いた方に、お礼として瓶代などの必要経費を抜いた売り上げ金すべてを被災地支援のための活動資金に責任をもって使わせて頂きます

今回のご協力金も義援金に寄付とはじめは考えていましたが、私ならではの事が出来るだろうと今年も梅干もしくはジャムを送らせて頂くつもりです。

「大和の人参ジャム」の売上金の一部を義援金に寄付させて頂くことにした理由については、こちらで詳しくお話しましたが、前の仕事が落ち着いたころに、次々と体調を崩し、やっと良くなってきたかなと思っていたところに、あの大震災がありました。

去年の熊本地震発生後は、弁当屋ならではのことができるのではないかと、探しに探して熊本のボランティアセンター様に、梅子が作った梅干をお届けして喜んで頂きました。

今はそちらのボランティアセンターは無くなっていますが、梅干は腐らず、暑い夏には喜んで頂ける品のため、必要としてくださる方は他にもいらっしゃると思っています。

災害は、いつどこで起きるか分からないし、今年は既に九州北部で記録的な豪雨があり、もうこれ以上大きな被害は出て欲しくないと祈りつつも、昨今の気候の変化、地震などによる被害は、いつどこで起きるか分かりません。

物資支援の残りの支援金は、例年通り東日本大震災、熊本地震義援金に寄付させて頂くつもりでおりましたが、梅子の判断で今すぐ必要としている方の支援に使わせて頂く可能性もございます。

b0244034_15041216.jpg

梅ジャムは、パンやヨーグルトは勿論、どんな種類のチーズとも、とっても良く合うので、お酒のおつまみとしてお召し上がり頂く事もおススメしています♪

一人でまかなっている小さな店でも、皆様のご協力を得てできることはあると信じております。

改めまして、支援金活動集めにご協力頂いている、「まぼろしの珈琲屋 猫月cafe」さん、「Desk Cafe 中央林間店」さん、ご協力頂いたすべてのお客様に感謝しております。

お陰様で「梅子のスッパうめぇ~ジャム♪」も残りわずかとなってきました。

本数に限りがございますので、お礼の品が無くなり次第、今回の支援金集めは一旦終了とさせて頂きます。

ご協力よろしくお願いいたしますm(__)m

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
by bento_nokaze | 2017-08-07 15:25 |  L梅仕事 | Trackback
b0244034_04271245.jpg
おはようございます、梅子ですm(__)m

昨日は夕方から雨が降ってきてしまいましたが、午前中太陽が顔を覗かせている時間には、また神谷さんの小梅を干していました。

こちらは赤紫蘇を入れない白梅干し。

かなり陽が強い時間帯もあったので、今回は三時間ほどで干しあげました。

全ての小梅干しちゃんの土用干しの様子をアップ出来ていないのですが、今年は初収穫時から神谷さんの梅の収穫のお手伝いに伺えたため、その都度仕入れた収穫時期の異なる小梅ちゃんが沢山あるのです。

また、今年二回開催させて頂いた「第二回 梅子と始める梅仕事♪」と、「第三回 梅子と始める梅仕事♪」でも、梅の熟度の関係上、講座内では神谷さんの小梅を使って皆さんと一緒に仕込んだものもあったり、生徒の皆さんと同じ状態で仕入れて追熟してから塩漬けしたのもあったりで、今年の小梅干しの種類は今まで以上に沢山出来る事になりました( *´艸`)

お天気がはっきりしない事もあり、一度に干せる量を干す事はせず、それぞれの日に仕込んだものや、少し塩分を変えて作ったものなど、種類に分けて、コツコツと干しています♪

そして、先日ご紹介した自家製無農薬野菜も、良い具合に乾燥が進んでいます。

b0244034_04271104.jpg
自家採種二年目の無農薬固定種ステラミニトマト。


b0244034_04271286.jpg
自家採種一年目の無農薬固定種のゴーヤ。

これらは、このまま乾燥を続けるか、ピクルスのようにするか、考え中です( *´艸`)

今年の梅仕事は、すでに来年の講座内容を考えながら作業しており、今から待ち遠しくて仕方ない自分にビックリです(;^ω^)

来年の講座では、今まで同様、熟成年数の違いや、赤と白の違いだけでなく、収穫時期の違う梅での差なども試食して頂けますのでお楽しみになさってくださいね♪

梅子が漬けた小梅ちゃんは残りあとわずかとなりましたが、大梅の樽漬けしたものが、まだまだあるので、これからも天気予報とにらめっこしながら、干していきたいと思います。

講座を受けられた方で、何か質問がある方は、遠慮せず野風FBでも、メールでもご質問くださいね♪

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
by bento_nokaze | 2017-07-30 04:56 |  L梅仕事 | Trackback
b0244034_17485853.jpg
こんばんは、梅子ですm(__)m

袋漬けした大梅の土用干し以来、梅仕事のアップが止まっておりますが、少しでも晴れて、時間が取れる日は、神谷さんの小梅ちゃんの土用干し作業をしています。

今日は、曇りの予報でしたが、何となく晴れそうな予感がした梅子は、外出の予定を取りやめ、神谷さんの小梅ちゃんと自家採種二年目の無農薬固定種「ちりめん赤紫蘇」で仕込んだ赤梅干しを干していました。

b0244034_17541646.jpg
まだご紹介出来ていませんが、今年の二つの梅子の講座で皆さんと一緒に仕込んだ小梅ちゃんは、既に干しあげており、神谷さんの小梅の収穫のお手伝いに行く度に仕込んでいた小梅ちゃんも、あと数袋の土用干しを残す所になりました。

梅雨明け宣言が出された後も、例年こういうはっきりしないお天気が続く事が多いので、そういう時はまず半日で仕上がる小梅ちゃんを干し、大梅ちゃんは天気予報で晴れが二日ほど続く日を見つけて干すようにしています。

午前中で上記の赤梅干しを干しあげた後は、また次の小梅を干すつもりでいたのですが、何となく雲行きが怪しかったので、梅干しは止めて、旬を迎えて沢山採れている自家製無農薬野菜の天日干しをすることにしました。

b0244034_17485738.jpg
こちらは自家採種二年目の無農薬固定種「ステラミニトマト」。

b0244034_17485826.jpg
こちらは自家採種一年目の無農薬ゴーヤ。

日々沢山採れるので、干し野菜にしたり、色々加工して長く楽しんで頂けるようご用意しています。

b0244034_18103255.jpg
そしてこちらはやっと今日干しあげた舞茸です。

干し舞茸は、当店の隠し味として、非常に活躍する代物なのですが、まぁ~とにかく干す時に発する匂いが強烈でして(;´・ω・)

夜になると厨房に入れていたのですが、朝厨房に入ると舞茸臭がものすごい事になっていて、ここ数日閉口しておりました…。

これでやっとそれから解放されるのがとても嬉しいです♪

それにしても、畑に行ったり、梅干しや野菜を干したり裏返したりするだけで、汗だく。

この仕事をし始めてから、夏は汗も、冬は霜焼けが職業病になってしまったので、夏はとにかくシャワーを浴びて汗も対策をしております(;´・ω・)

ジメジメしたお天気が続いていますが、皆様体調崩されないようご自愛ください。

今年は暑い日が続く時期が長く、例年に比べて夏野菜の終わりが早くなりそうです。

地場の旬のお野菜を旬の時期に、是非お召し上がりくださいませ。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
by bento_nokaze | 2017-07-28 18:06 |  L梅仕事 | Trackback
b0244034_13305120.jpg

ご無沙汰しております、梅子ですm(__)m

今年はもう既に猫月cafeさんにて開催された「ドライフルーツ選手権」用に、神谷さんの小梅の天日干しを始めていましたが、やっぱり梅子は暦にならって土用干しがしたい!

ということで、今年は土用入りとなった7/19と同時に梅雨明けとなりましたが、梅子は昨日から正真正銘「土用干し」を本格的に開始いたしました(*´ω`*)

まずは袋漬けをした梅の中の、赤紫蘇を入れない、白梅干しから土用干しのスタートです♪

b0244034_13305105.jpg
こちらは、「第三回 梅子と始める梅仕事♪」 で参加者皆さんと同じ状態で仕入れて追熟し、塩漬けをしたもので、干す直前の様子です。

b0244034_13305033.jpg
神谷さんの名無しちゃんは、皮が薄くてとっても良い梅干しが出来るものの、その分上手く扱わないと破れやすく、講座に参加された生徒さんの中には、塩漬け中や干す際にいくつか潰してしまったというご報告も受けているのですが、梅子は神谷さんの大梅ちゃんともお付き合いは5年目になるので、扱い方には慣れております( *´艸`)

塩漬けしてからもすぐに梅酢が上がった事もあり、ほとんど袋を触る事無く、トレーにしておいた器ごとゆっくり梅酢を回すようにしていただけですが、無事一個も破ける事無く、塩漬け完了いたしました!

b0244034_13304810.jpg
でも、こちらの「重石をしない梅干しづくり」でご紹介した大和産無農薬大梅の、超完熟状態で塩漬け時に破れそうだと判断したのものだけ別に袋漬けしたものですが、やはりすでに何個か破れているのが見受けられます。

b0244034_13304759.jpg
ギリギリまで追熟させると、それだけ皮が薄く柔らかくなるので、破れてしまうのがいくつか出てくるのは致し方ありません。

そんな時も「失敗」とは思わず、梅びしおにして、美味しく頂きましょう♪

b0244034_13305159.jpg
左が講座で皆さんと同じ状態で仕入れた神谷さんの名無しちゃんの白梅酢。

右は、大和産無農薬梅の白梅酢です。

どちらも一応細かい茶こしで濾してから瓶詰して、梅干しと一緒に天日干しにしています。

b0244034_13320493.jpg
こちらが神谷さんの名無しちゃん。

b0244034_13320378.jpg
そしてこちらが大和産無農薬梅です。

b0244034_13320536.jpg
こちらは昨日の干し一日目に裏返す前の状態です。

右上に固まって干してあるのが、塩漬けしている時や干す時に破けてしまった大和産無農薬大梅です。

b0244034_13320538.jpg
b0244034_13320405.jpg
どちらも重石をせず、袋で塩漬けした状態のものです。

左が神谷さんの、右が大和の無農薬梅南高梅です。


b0244034_13320511.jpg
b0244034_13341600.jpg
大きさが大きいのもあるとは思いますが、神谷さんの名無しちゃんの方が、ふっくらジューシーなんですよね。

どちらもそれぞれの良さがあるし、梅子は自分で収穫させて頂いたので、どちらにも思い入れはありますが、例年同じ梅で漬けている梅子としては、梅干しとしての出来上がりは断然神谷さんの名無しちゃんの方が良いと感じており、梅干しの出来の良しあしは、ブランドや産地に全く拠らないと痛感しています。

ま、もちろん梅干しに限らず、何でも好みなんですけどね(;^ω^)

b0244034_14335892.jpg
そして数年前に初めてそのまま夜露にあててみたら天気予報が外れて雨に降られて以来、夜干しは避けていたのですが、昨日はある意味賭けをして、室内に取り込まず夜干ししてみた所、無事雨が降る事なくセーフ(´▽`*)

本日二日目、そのまま干し続けています♪
(講座では室内に取り込むことをお勧めしました。梅雨明け直後は、まだお天気が変わりやすいので、ご自身の判断でお願いしますm(__)m)

b0244034_14335887.jpg
昨日に続けて干している名無しちゃんも、朝陽に当たり始め…、

b0244034_14335812.jpg
梅子が講座で伝授するコツを使えば、ザルについた梅酢で梅干しが破れる事もなく、裏返す事が出来ます( *´艸`)

今年は梅雨明け宣言前に、すでに梅雨明けしたのではと思われるくらいのお天気が続いており、今年の梅子の二つの講座に出てくださった方は、すでに天日干しを終えられ、今年の梅仕事を無事終了された方もいらっしゃいますし、梅子と同じく昨日から干し始めた方もいらっしゃるようです。

干し加減はお好みですが、講座で試食頂いた梅干しを参考に、ご自分の好みの干し加減で干して頂ければと思います♪

梅子はこの二種類の大梅は、今日干しあげとする予定です。

さて、自家採種二年目の固定種「ちりめん赤紫蘇」を仕込んだ赤梅干し含め、小梅ちゃんも大梅ちゃんもまだまだ待機しています。

今年の梅子の梅仕事後半戦は始まったばかり。

暑い暑い2017年の夏も、梅パワーで乗り切りますよぉ~^^

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
by bento_nokaze | 2017-07-21 14:55 |  L梅仕事 | Trackback
b0244034_15264329.jpg
こんにちは、梅子です♪

今日は、もしかしたら梅雨明けしちゃったのではと思えるくらいピーカンな日となりましたが、梅子は明日のまぼろしの珈琲屋 猫月cafeさんの開店五周年企画の「ドライフルーツ選手権」にお持ちする、神谷さんの小梅ちゃんを干していました。

例年土用入りした頃のお天気の良い日を見計らって干し始めるのですが、昨日今日とあまりに良いお天気だし、小梅なので大丈夫だろうと判断し干し始めました!

本当は干した後、塩の角が取れてくる1年以上熟成させたのが梅干としては美味しいのですが、こちらは今年沢山仕込んだ中で、あえて塩分を減らしたもの( ´艸`)

自家製無農薬赤紫蘇を仕込んだ赤梅干しと、シソを仕込んでない白梅干しの二種類です。

b0244034_15264311.jpg
干し始めたのは、太陽がジリジリと照り付けるお昼過ぎ。

こちらは赤梅干し。

b0244034_15264340.jpg
こちらが白梅干です。

小梅は小さいので数時間~一日で干せちゃうので本当に楽♪

太陽の移動と影を気にしながらザルも移動させ、数時間後には裏返し。

b0244034_15264225.jpg
裏返した直後の赤梅干し。

b0244034_15264313.jpg
こちらは白梅干しです。

そろそろ日が傾き始める頃となりましたが、良い感じに干し上がりました!

干し上がった様子は明日の「ドライフルーツ選手権」の時に、最初にお披露目させて頂き、そのあと当ブログでご紹介させて頂きたいと思います( *´艸`)

これ以外にも過去に梅子が神谷さんの小梅で作った梅干も色々お持ちする予定です♪

そのまま、お召し上がり頂いて、珈琲と合わせるのか、はたまた何か仕掛けがあるのか!?!

お時間ある方、是非猫月さんへお越し頂き、ご自分でご確認頂ければ幸いです♪

b0244034_16183090.jpg
そして先ほど豆子が作ったオカラチョコレートケーキも焼きあがりました!

これから冷ました後、冷蔵庫で一晩寝かせ、シットリ食べごろになってから猫月さんにお持ちいたします♪

b0244034_12242955.jpg
また、こちらの最後にご紹介しました大和の無農薬完熟落梅で作った「「梅子のスッパうめぇ~ジャム♪」は、昨日お話しましたように、東日本大震災と熊本熊本地震の復興支援のための支援金集めにご協力頂いた方に、梅子が個人的にお礼としてお渡しさせて頂く形を取らせて頂きます。

マスターの淹れる美味しい珈琲と共に、他の参加者のドライフルーツを頂くのも、とっても楽しみ♪

記念すべき、猫月さんの開店五周年を多くの方と一緒にお祝い出来れば良いな~。

ではでは、明日お逢いできるのを楽しみにしております^^

[PR]
by bento_nokaze | 2017-07-08 16:27 |  L梅仕事 | Trackback

神奈川県大和市中央林間にある完全ご予約制の仕出し弁当屋です。「地球と身体に優しく」をモットーに、「自家製」と「地場産」にこだわったお弁当をお届けします。


by bento_nokaze