おはようございます。

昨日のお弁当をお届けした後は、当店のお米でお世話になっている小林農園さんの田んぼに行ってきました!

小林農園さんはブドウ、お野菜の他、二カ所でお米を育てられており、例年通りG.W.中の5/6,7日に田植えを終えられたばかり。

今年も川口糀店さんで、糀を仕入れさせて頂いてから伺ったのですが、どちらも境川沿いにあり、のどかな田園風景を眺めながら到着しました。

b0244034_04540256.jpg
こちらは以前キヌヒカリを育てられていた二反の田んぼですが、昨年から湘南生まれの新品種「はるみ」に統一されました。

b0244034_04540279.jpg
几帳面な小林さんらしく、既に防鳥対策の糸も張られていました。


b0244034_04540297.jpg
そしてこちらはもう一つの一反の田んぼで、こちらも「はるみ」を育てられています。

以前使っていたキヌヒカリも大変ご好評頂いておりましたが、コシヒカリとキヌヒカリを親に持つ新品種米「はるみ」も同じく気に入って頂くお客様が多く嬉しく思っております。

今年も美味しいお米になりますように♪

そして、そろそろ神谷さんの小梅が収穫される頃だと、田んぼからお電話してみた所、なんと昨日初収穫する予定だったとのことで、急遽様子を見に伺う事になりました。

これからは神谷さんの所に伺う事も多くなると思いますので、こちらの田んぼの様子もまたご報告させて頂きます^^

神谷さんの小梅の初収穫に続きます…。


[PR]
by bento_nokaze | 2017-05-16 05:40 | 生産者さん見学 | Trackback

b0244034_16514382.jpg
そして苗子の一仕事を終えた後は、久々に自転車で移動。

昨年同様大和藤沢自転車道を通り、まずは川口糀店さんで、とある物をゲット。

その後は、G.W.中に田植えを終えられた小林農園さんの田んぼに行ってきました!

小林さんは、昨年までは野風のご飯でお世話になっている「キヌヒカリ」と「はるみ」の二品種を育てられていましたが、今年からは全て新しい品種の「はるみ」で統一される事となりました。

こちらは、昨年までキヌヒカリを育てられていた二反の田んぼです。

田植えを終えたばかりの苗は、まだ小さいけれど、これからグングン大きくなっていきます!

b0244034_16501099.jpg
パッと見ただけでは分かりませんが、釣り糸のような物で防鳥対策をされていました。

b0244034_16501086.jpg
そして別の場所にある一反の田んぼでは、昨年同様「はるみ」を育てられます。

b0244034_16525963.jpg
昨年こちらでご紹介したように、「はるみ」は、「キヌヒカリ」と「コシヒカリ」を親に持つ品種で湘南産まれのお米です。

コシヒカリに比べ短稈(たんかん:茎の長さが短い事)で、倒状しにくく、「キヌヒカリ」に比べ穂発芽(収穫前に発芽してしまうこと)しにくいため、秋の長雨でも品質が低下しにくい品種ということで、今年から「はるみ」一本で統一される事になりました。

…ということで、大和で育つお米があると知って以来、ずっとご好評頂いていた「キヌヒカリ」も、今在庫がある限りで最後となります!

b0244034_16501085.jpg
こちらはまた川口糀店さんで仕入れてきた「麹」です。

b0244034_16500958.jpg
今年最後となる小林農園さんのキヌヒカリと合わせて作る甘麹をお作りしています^^

当店の調味料は、味噌、梅干しだけでなく、調味料の多くは地場の物を使った自家製です。

卵焼き以外は砂糖を使わず、糀(米麹)とキヌヒカリで作った甘糀を使用しておりましたが、先日より麹(麦麹)で作った甘麹も新たに加わりました♪

出来る限り採れ立ての地場の旬の素材の味を生かせるよう、手間暇かけてお作りした調味料もご堪能頂ければ幸いです。

そして昨年までは、新米が出るまでキヌヒカリをお出し出来たのですが、お陰様で当店のご予約も増え、契約分の在庫も残りあと僅かとなって参りました。

当店では、ご予約一組様につき、白米、雑穀米入り、玄米の三種類からお選びいただき、玄米以外はご予約頂いたお客様の分のみ前日精米して、一晩寝かせた物を鍋で炊いておりますが、ご飯とぬか漬けだけで何杯でもいけるとおっしゃって下さったお客様もいらっしゃいました^^

今年の秋に収穫される「はるみ」に期待しつつ、今年最後となるキヌヒカリを是非一度お召し上がり頂ければ幸いです^^

なお、在庫のキヌヒカリが無くなり次第、他のお米に代えさせていただく事ご了承くださいませ。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
by bento_nokaze | 2016-05-10 19:31 | 生産者さん見学 | Trackback

今日は先週末に川口さんの所に伺った時の様子をご紹介させて頂きます。

以前こちらでご紹介したように、川口糀店さんの九代目は、無肥料・無農薬で野菜を育てていらっしゃるのですが、収穫時だという貴重な金胡麻を分けて頂く事になりました。

b0244034_15475763.jpg
こちらが無肥料・無農薬の金胡麻です。

胡麻がなっている所は初めて見ました!

b0244034_15475775.jpg
こちらが金胡麻の花。

光の加減で白っぽく見えますが、実際はもう少しピンク色。

思っていたより大きくてビックリしました。

b0244034_15475718.jpg
花が咲いた後に実を付け、その中に次の世代に子孫を残す種が入っています。

下の方の実が弾けてくる頃が収穫時ということで、まさに「今」という状態。

b0244034_15475728.jpg
鞘から種を出してみるとこんな感じ。

確かに白胡麻とも黒胡麻とも違う色をしています!

b0244034_15515045.jpg
除草のお手伝いをしながら一時間くらいで全て収穫。

束ねてみるとそう多くは見えないかもしれませんが、実際はかなりの量です!

とはいえ、我々の口に入る胡麻を取り出すのは、これからが大変(>_<)

乾燥させて、種を取り出す作業が必要になります。

b0244034_15515097.jpg
「軒下の雨が当たらない所に立てて、乾燥させておけば良いんです^^」と川口さん。

でも、ウチにはまず「軒下」などと言う物がありません(>_<)

帰宅後探してみると、プランターのゴーヤを片付けた所が、何とか軒下っぽくなっていたので置いてみたものの、雨が降ったら思いっきり濡れてしまいそうな上、もっと広げておかなければ腐ってしまいそう(T_T)

b0244034_15515099.jpg
…ということで、雨が降る前に、スペースがあり、雨も避ける事が出来る主人の実家へ移動させました(^^;)

驚いたのが、実家が専業農家だったという義母が、小さい頃実家で胡麻の収穫や脱粒などの様子を見た事があるとのこと。

これは強い味方が出来ました!

これから暫く乾燥させ、その後鞘から種を取り出す作業に入ります。

種を取るまでの作業が長い道のりのようですが、義母の助けを借りながら、何とか成功させたいと思っています!

川口さん、貴重な胡麻をありがとうございました。

今後の採種までの道のりは、追ってご紹介させて頂きたいと思います。

川口さんの金胡麻の選別」に続く…

[PR]
by bento_nokaze | 2015-09-08 16:22 | 生産者さん見学 | Trackback

今日も酷暑でしたが、皆様いかがお過ごしですか?

私は今日もまたあちこちの農家さんに仕入れに行きつつ、当店のお米でお世話になっている小林農園さんの田んぼの様子を見に行ってきました。

先日キヌヒカリを取りに伺った時に、1日で一番暑くなる時間帯だというのに、これからご家族で防鳥ネットを張りに行かれるということだったので、気になっていたのです。

こちらでご紹介した五月の田植え直後に伺った以来となりますが、どうなっているでしょうか!?!

b0244034_17095711.jpg
うわぁ~、随分大きくなってます!

防鳥ネットも綺麗に張られ、流石小林さんって感じです^^

b0244034_17095716.jpg
昨年収穫のお手伝いをさせて頂いた時に教えて頂いたのですが、こちらは防鳥ネットを張るために、そのネットが落ちてきたり、杭でネットが破れる事が無いようにした小林さんのお父様のアイディアグッズで、ペットボトルを逆さにして杭にかけた物です。

去年は杭を含め、これらを取る作業のお手伝いもしたのですが、ネットをかける作業の方が何倍も大変だろうと想像出来ました。

重い杭を打ち、ペットボトルを乗せ、綺麗に保管されているとはいえ、こんがらがりやすい一枚の大きなネットをかけていく作業を、日中の一番暑い時間帯にやられるなんて、考えるだけで気が遠くなりそうです…。

b0244034_17095729.jpg
こちらで今年五月の様子と昨年秋の収穫時のキヌヒカリの様子も載せているので、是非見比べて頂きたいのですが、随分稲穂も垂れて来ましたね♪

でも、やっぱりまだ青々としているのが、実に夏らしい!

b0244034_17095645.jpg
こちらは今年からミルキークイーンに代わり、「はるみ」という新しい品種を育てられている田んぼです。

手前のネットが張られているのが、小林さんの田んぼです♪

中には万国旗を張られている方もいらして、カラフルな田園風景になってます^^

b0244034_17095702.jpg
初めて見る「はるみ」。

一体どんな味がするのでしょう^^?

b0244034_17095674.jpg
小林さんはこちらにも同じようにペットボトルでネットを張られています。

b0244034_17095639.jpg
所々縛られたネットを見ているうちに、小林さんご家族が暑い最中に黙々と作業されている姿が目に浮かび、何だかジーンとしてしまいました。

また別途詳細はお知らせしますが、「お盆休みのお知らせ」の最後にご紹介した本日干し始めた神谷さんの大梅も、とても良い具合に出来ています!

地元の農家さんが一生懸命作られた美味しい品々を使わせて頂き、皆様にご提供出来る事、本当に幸せな事なんだなと改めて思えた1日でした。

小林さんの葡萄もこれから販売ですし、神谷さんの梨は瀬谷で販売され始めたそうです。

これからは果物も美味しい季節になりますね♪

それぞれの農家さんの果物の販売情報は、Facebookの方でご紹介予定ですので、そちらもお楽しみになさってください^^

[PR]
by bento_nokaze | 2015-08-04 17:37 | 生産者さん見学 | Trackback

先程ご紹介したお弁当を持って伺ったのは、先日こちらでご紹介した川口糀店さんです!

私は何度も伺わせて頂いているのですが、川口さんの糀や自然農法で作られている畑に興味を持った友人達をご紹介がてら見学させて頂きました。

メンバーは、味噌作りや料理教室などのワークショッをされていたり、その場所をご提供されている方々です。

ご自身で野菜を育てられている方も多いので、畑の見学もさせて頂きました。

b0244034_20083442.jpg
こちらが川口さんが自然農法で野菜を育てていらっしゃる一反の畑です。

以前伺った時の様子は個人のFacebookでご紹介したのですが、こちらで別途アルバムにしました。

あの時はまだ種を蒔いたり苗を植えたばかりの状態でしたが、昨日は色んなお野菜が随分大きくなっていました!

b0244034_20083483.jpg
こちらは大玉トマトですが、みんなでミニトマトをつまみ食いして水分補給。

無肥料・無農薬で育てられたトマトは、まだ青い部分が残る物でさえ、美味しかったぁ~^^

そしてお次はいよいよお待ちかねの場所へ移動です!

b0244034_20083418.jpg
川口さんの栗林を見渡せる場所でお弁当です!

ここは、前回伺った時、瀬谷とは思えない位素晴らしい景色に感動したと同時に、「ここでお弁当が食べたい!」と直感的に思った場所でした。

ご紹介した写真を見て、今回お連れした皆さんも同じように思ってくださったので、念願叶ってここで食べられる事になりました!

梅雨入りしたのでお外弁は無理だと半ば諦めていたのですが、今回ご一緒したみんなを繋げてくれた強烈なパワーを持つ晴れ女さんのお陰で念願かなってこの場所で食べる事が出来ました!

外で食べるお弁当は、本当に久しぶり♪

天気の良い日は、やっぱりお外弁が最高です!

昨日は暑く、風が強かったものの、木陰は涼しくて気持ちよく、蟻さんにお弁当を狙われながらも、楽しい美味しい一時を過ごしました^^

みんなとっても良い笑顔をしていて、本当に嬉しかったです!

川口さんは当店のお弁当を召し上がるのは昨日が初めて。

しみじみ噛みしめてお召し上がりくださる川口さんの姿を見れたのもとても嬉しかったけれど、今まで何度もお逢いしていた中で昨日が一番リラックスした顔をされていたのも嬉しかったです( *´艸)

お弁当を食べた後は、周りの自然の恵みとの戯れです。

b0244034_20083499.jpg
こちらは栗の花。

これが花だと私は昨日初めて知りました。

こちらは雄花。

b0244034_20550424.jpg
そして栗の小さな赤ちゃんが付いているのが雌花だそうです!

胡瓜やゴーヤと一緒なんですね~♪

栗のイガもまだ柔らかくて何だかとっても愛おしい( *´艸)

b0244034_20083408.jpg
お弁当を食べた所のすぐ脇にはプラムの木もあり、本当に自然の宝庫♪

b0244034_20083468.jpg
お父様が無農薬で栽培されているジャガイモを収穫させて頂き、みんな大はしゃぎ!

とはいえ伺いたいことが沢山あるため、後ろ髪引かれながらも工場内へ移動です。

b0244034_20584026.jpg
川口さんの糀で作ったお味噌から出た貴重なたまり醤油を試食させて頂いたり…

b0244034_21000769.jpg
川口さんの甘ぁ~い甘酒の素を凍らせた物に、カカオパウダーと…、

b0244034_21000728.jpg
抹茶をかけただけのシャーベットは、これだけで立派なスイーツになり本当に美味しい!

b0244034_21021165.jpg
甘酒を肌に塗るとお肌のお手入れにもなるということで、早速みんなで試してみました。

良い香りに包まれて、甘酒の中の糀のツブツブが、まるでスクラブみたいで気持ち良い!

畑で聞けなかった事や、味噌作りの事、甘酒や塩糀の事など色々伺っていたら、あっという間に終了予定時間が来てしまいました(T_T)

野菜の育て方や、川口さんの選ぶ材料、道具へのこだわりなど伺い、皆さんとても充実した一時を過ごされた様子でした。

本当にお忙しい中、お時間取ってくださった川口さん、そしてこれまたみんな忙しいのにスケジュール合わせてご一緒いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今回の見学は、お弁当をお作りする関係上、お連れする人数が限られ、食に関連するお仕事を生業とされている方、その方々とのご縁を繋いでくれた方で、今まで川口糀店さんに伺った事の無い方々限定でお声がけさせていただきました。

川口さんは、一年を通して味噌作り教室を開催されていますので、今回ご一緒出来なかった方も、また機会があると思います。

今後も色々ご紹介、お伺いする機会を設けて行ければと思っていますので、お楽しみになさってください♪


[PR]
by bento_nokaze | 2015-06-16 21:16 | 生産者さん見学 | Trackback

今日は雨が上がった後は、瀬谷にある川口糀店さんにお邪魔していました。

今年は、味噌作りと糀作り見学にはじまり、念願だった大和のキヌヒカリを使った自家製糀造りなど、川口さんには本当にお世話になりっぱなしなのですが、今日はある物を収穫させて頂きに行きました。

それは…

b0244034_17191761.jpg
無農薬の南高梅です(≧▽≦)

樹齢60年ということですが、大きくて立派!

毎年沢山の実を付けるそうなのですが、今年は剪定されてかなり成りが少ないとのこと。

b0244034_17022637.jpg
ハシゴを使っても届かない位置に、立派な梅がなっているのが見えるのですが、傾斜に植わっている事もあり、なかなかあそこまで行くのは難しい(>_<)

b0244034_17022572.jpg
幼少期は木登りが大好きだった私は、長靴ながらも木に登ってはみたものの、やはり手が届きそうになく(T_T)

降りるときは、想像以上に自分の身体が重くなっている事に気づきながら諦めました(>_<)

まだ木に付いているのは青い実でしたが…

b0244034_17073542.jpg
下に落ちているのは完熟してます!

雑草という自然のクッションのお陰で傷が少ない物を選んで取って来ました♪

そしてこの土地は、まさに自然の宝庫でして…

b0244034_17022531.jpg
蕗や…

b0244034_17022532.jpg
b0244034_17022519.jpg
自生している大葉や赤ジソ。

b0244034_17211389.jpg
結局アップ出来ませんでしたが、今年の春の筍は、こちらの奥に見える川口さんの無農薬筍を自分で掘って使わせて頂きました!

b0244034_17084830.jpg
そしてこちらは何だかお分かりになりますか?

b0244034_17084889.jpg
山椒です!

こんなに立派な山椒の木は、なかなか見た事がありません。

今年はこちらの山椒の実も収穫させて頂きました^^

そして今日は他にもお仕事がありました。

b0244034_17022551.jpg
こちらでご紹介した、種から育てた固定種の「ステラミニトマト」の最後の一本のお嫁入りです♪

b0244034_17022533.jpg
自分の畑に定植した以外で、何とか一本元気に育ってくれた物で、花も咲き始めています♪

梅雨入りしたばかりで雨も多いし、定植には最適な日となったかもしれません^^

川口糀店さんは、1818年創業の老舗で、現在は九代目が継がれているのですが、この九代目が実に面白い方でして。

先祖代々「黄麹菌」を種麹に使いつつ、より良いお米や麦を求めて全国各地を周り、そして「趣味」で自然栽培をされているんです。

こんな近くに自然栽培をされている方がいらっしゃるなんて思ってもみず、最初お逢いした時は驚いたのですが、まぁ~本当に働き者。

本業の糀造りは勿論の事、その糀を使った味噌造り、味噌や塩糀造り教室の開催などなど、日々お忙しいにもかかわらず、上記以外にある広大な畑の一部の一反の畑を、一人ほぼ人力で自然栽培されているという、ある意味スーパーマン。

沢山の自然の恵みがあった先程の場所は、ずっと無農薬、そして10年前から無肥料。

その件について改めて確認させて頂いた所、「戦国時代に居を構えてから無農薬ですが有機肥料は入ってます。10年前より、無肥料です^^」との返信がありました。

「戦国時代に居を構えてから…」なんて言える人はそうそう居ません。

ステラミニトマトを嫁がせて頂いた場所も、同じくずっと無農薬ですが、三年前くらいまでは有機肥料を入れられていてトマトの連作も数年やられ、その後は肥料も入れられてない所だそうです。

歴史・伝統を重んじながら、より良い品を作るためなら時間も手間もいとわない。

そんな風に考えて実行している方が、こんなに近くにいて本当に嬉しいです!

九代目は、私にとっては糀の師匠であり、より自然な物を食べようという共通な考えを持つ仲間だと思っています^^

本日もありがとうございました!

ステラミニ、元気に育ちますように♪

昨日、今日とあちこち動いておりましたが、今朝ご紹介した綾瀬の畑、今回の川口さんちで収穫させて頂いた貴重な品々を使って明日のお弁当をお作りします!

ご予約頂いたお客様、お楽しみになさってくださいませ♪

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。
※ なお、誠に勝手ながら、13日(土)は臨時休業させて頂きます。また、15日(月)は、ご予約一杯につきご予約受付を終了させて頂きますのでご了承くださいませ。

[PR]
by bento_nokaze | 2015-06-09 18:03 | 生産者さん見学 | Trackback

おはようございます。

先週末は、野風のご飯でお世話になっている小林農園さんの田んぼに行ってきました!

b0244034_05572488.jpg
大和と瀬谷を分ける境川沿いには、藤沢・大和自転車道 があり、ツーリングに最適♪

のどかな田園風景の中、車の往来を気にせず、気持ちよく走る事が出来ます^^

b0244034_05572440.jpg
小林農園さんのキヌヒカリを使った自家製糀作りでお世話になった川口糀店さんも、境川沿いに見えます!

今年お弁当にお入れしている筍は、左側に見える川口さんの竹林で収穫させて頂いた物です^^

そちらの様子はまだアップ出来ていませんが、川口さんの所は自然の宝庫なので、また別途まとめてご紹介させて頂きたいと思います。

そして程なくして見えてきたのが…

b0244034_05572400.jpg
小林農園さんのキヌヒカリの田んぼです!

小林さんは二カ所でお米を育てられていて、こちらは二反のキヌヒカリとなります。

b0244034_05572599.jpg
昨年は収穫の見学&お手伝いをさせて頂いたので、今年は田植えの様子も見させて頂きたいと思っていた物の、時既に遅く(>_<)

今年は5/7に田植えを終えられたとのことでした。

この時期は私自身も育苗や定植で忙しい時期とはなりますが、来年は是非タイミングを合わせて田植えも体験させて頂きたいと思っています^^

b0244034_05572467.jpg
そしてこちらはもう一つの一反の田んぼで、今年は昨年までの「ミルキークイーン」に代わり、新しい品種の「はるみ」というお米を育てられるそうです。

b0244034_05572496.jpg
「はるみ」は、「キヌヒカリ」と「コシヒカリ」を交配して出来た品種で湘南産まれ!

つやがあり、甘みが強いのが特徴だそうです。

また、コシヒカリに比べ短稈(たんかん:茎の長さが短い事)で、倒状しにくく、「キヌヒカリ」に比べ穂発芽(収穫前に発芽してしまうこと)しにくいため、秋の長雨でも品質が低下しにくい品種だそうです。

美味しくて育てやすい、消費者にも生産者にも嬉しい品種なんですね^^

b0244034_06331121.jpg
こちらは昨年秋に収穫のお手伝いをさせて頂いた時のキヌヒカリの田んぼです。

新しい発見や感動が沢山あったにもかかわらず、栗仕事が始まりお節の準備が忙しくなる時期と重なり、こちらには記事をアップ出来ませんでした(>_<)

b0244034_06331175.jpg
たわわに実って穂先を垂らす田んぼの様子は、のどかで美しく、ホッとする光景でした。

b0244034_06331130.jpg
赤トンボが飛び、カエル君が穂先で休む様子にも思わず笑みがこぼれました。

お米を大事に育てるために小林さんが行われている事も沢山あるので、今年こそは収穫時にはそれらをご紹介出来ればと思っています。

また、小林さんの田んぼまでは、藤沢・大和自転車道を使えば、それ程遠く無い事が分かったので、お天気の良い週末や、川口さんの所に伺う際などに足を伸ばして、収穫までの様子をご紹介していく予定です^^

b0244034_06411267.jpg
そして先日は、川口糀店さんのご紹介で、大和スポーツセンターに程近い大住屋商店さんに伺って来ました。

キヌヒカリをチェックして頂いた所、昨年は高温障害により緑がかるお米が多い中、キヌヒカリはそれほど多くも無い事が分かりました。

そして毎朝早朝に精米し、数時間経ってから炊いている事をお伝えした所、前日の夜に精米して一晩寝かせた方が良いだろうとのアドバイスをいただき、伺った日以降は前日の夜精米するようにしています。

b0244034_07142459.jpg
そしてこちらは三月から新たに仲間に入った厨房器具、羽釜です。

当店では、ガス火を使い、鍋で炊いていましたが、いつもお世話になっている瀬沼さんの所で譲って頂いた羽釜で、蓋のみ合羽橋で購入してきました!

竈が無いため、通常通り鍋で炊いているのと、さほど変わりは無いかもしれませんが、羽釜で炊くと気分が断然違います (*´艸`*)

当店のお弁当で初めて大和のお米をお召し上がりになる方は少なく無いため、小林農園さんが、大切に育てられたお米を、より美味しくお召し上がり頂けるよう、これからも色々勉強し、より美味しいご飯をお召し上がり頂けるよう努力していきたいと思います^^

b0244034_06423477.jpg

先程ご紹介した大住屋商店さんは、三つ星お米マイスターの資格をお持ちで、全国から厳選されたお米を1kg単位から販売して頂けます♪

外観の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、緑の屋根と看板が目印です!

お米やご飯の事も色々教えて頂けますので、お近くの方は是非足を運ばれてみてください^^

小林さん、今年も美味しいお米、期待してますよぉ~!

大住屋商店さんにもまた伺います♪

アドバイスありがとうございました!

【参考URL】
・JA 全農育成水稲品種「はるみ」(グリーンレポートNo.506 2011年8月号)
  ※ クリックするとPDFファイルが開かれますのでご注意ください。


[PR]
by bento_nokaze | 2015-05-19 07:03 | 生産者さん見学 | Trackback

おはようございます。

大和も果物が旬の時期になりました♪

今日は当店のご飯「キヌヒカリ」でお世話になっている小林農園さんのブドウ園見学の様子をご紹介させて頂きます。

b0244034_08033192.jpg
今年も沢山なってます!

この日もとても暑い日でしたが、「春の農家さん見学」時は、青空が見えていたブドウ棚も、枝やブドウの実に覆われ、少し涼しく感じる位。

b0244034_8193491.jpg
昨年こちらの記事でもご紹介しましたが、収穫時はブドウの枝の色で見分けるとのこと。

手前の緑の枝になっているのは収穫前、そして奥の茶色い枝になっているのが収穫時だそうです。

b0244034_08033160.jpg
形を揃え、大きくなるように25粒にしてから袋をかけて育てていくそうですが、まず袋の上から触って、大きさや熟度などを見て収穫されるそうです。

お客様がいらしてから収穫される、まさに採れ立てを販売されています!

b0244034_08033109.jpg
今年も美しく、また立派!

今年の春には、こんなに小さかった赤ちゃんが、手間隙かけて育てた芸術品となりました^^

そして過去にも何度か見学させて頂いているというのに、今回初めて知った事がありました。

b0244034_08033134.jpg
なんとこのブドウ園の殆どは、こちらの真ん中の木からなっているとのこと!

一枚目の写真を見て頂きたいのですが、私がブドウの木だと思っていた殆どは支えの木でした(>_<)

こちらの太いブドウの木を含め、小林農園さんには5本のブドウが植えられており、それ以外に見える木は、実がついて重くなった枝を支える支柱でした(^^;)

b0244034_08033290.jpg
こちらはその木の二つに分かれた主枝の一本ですが、立派!

植えてから約20年とのことですが、たった20年の間に大和市の品評会で優等(一等賞!)を取られた事があるなんて、凄いなと思いました。

b0244034_08033255.jpg
小林さんは、ブドウの他にもお米・野菜を作られている農家さんで、今はブドウの収穫・販売と野菜の育苗、そしてその後はお米の収穫と植え付けと、またまた繁忙期を迎えていらっしゃいます。

本当にお忙しい毎日だと思いますが、いつも笑顔を絶やさず、元気に働いていらっしゃるので、お逢いする度に私も元気を頂きます^^

b0244034_08033235.jpg
小林農園さんのブドウの直販所の場所は、最後に記しますが、こちらの上りが目印です。

大和の美味しい旬のブドウ、是非お買い求めください♪

【小林農園さん】 
住所:神奈川県大和市深見台3丁目5−4
営業時間:9:00~17:30

[PR]
by bento_nokaze | 2014-08-23 08:56 | 生産者さん見学 | Trackback

春の農家さん見学♪

夏日となった5月初日の今日は、市内の農家さんをあちこち回っていました。

b0244034_17513919.jpg
まずは瀬沼さんの所で瀬沼さんのお母さんと、お友達のM田さんと一緒に、人生初のタケノコ掘り。

ずっと体験してみたかったのですが、やっと念願かないました♪

b0244034_17513973.jpg
ちょっとピンぼけしてますが、立派です!

竹の根が張っているので、採るのは一苦労。

でもさすがに瀬沼さんのお母さんは早かったです!

b0244034_17513983.jpg
採れ立てのタケノコのイボって赤いんですよ^^

b0244034_207267.jpg
帰宅後早速茹でてアク抜きしました♪

今年は多めに茹でて、瓶詰め煮沸し、長期保存出来るようにするつもりです。

b0244034_17513909.jpg
そしてお次は、当店のご飯でお世話になっている小林農園さんの所へ。

小林農園さんは、お米、野菜、葡萄を栽培されている農家さんです。

こちらは、もうすぐ田植えが始まるキヌヒカリとミルキークイーンの苗。

当店では小林農園さんのキヌヒカリを毎朝精米して炊いておりますが、お客様にはモチモチしていて美味しいと大変ご好評頂いています。

先程ご紹介した瀬沼さんのタケノコのアク抜きも、精米して出たキヌヒカリの糠と大和産の無農薬唐辛子でアク抜きしました。

ぬか漬け、畑の肥料と、キヌヒカリには本当に色々とお世話になっています♪

b0244034_17513901.jpg
そしてこちらは花が咲き終わり、形が見えてきた葡萄です♪

これから枝につく数を減らしたりしていくそうです。

昨年伺った時も良いお天気でしたが、今日もそれに負けずと良いお天気でした!

b0244034_17513942.jpg
そして最後は神谷さんの所へ、梅の様子を見に行ってきました!

こちらは小梅。

光沢が出てきたら出荷時ということで、そろそろだとおっしゃっていました♪

青いウチはカリカリ梅が出来ますね^^

今年も昨年に引き続き、収穫のお手伝いをさせていただく予定です♪

b0244034_17513918.jpg
そしてこちらは梨の花です。

神谷さんは、梨、ブルーベリー、イチジクなどの果樹を育てられている農家さんです。

b0244034_17513998.jpg
花が咲き終わって出来た小さな果実。

今は余分な花や果実をポキポキ折って、一つにする作業をされているそうです。

今の時期、農家さんは育苗・植え付けなどなど、一年で一番忙しい時期となります。

皆さんの収穫物が販売される時にはこちらでまたご報告したいと思います!

農家の皆さん、お忙しい中お時間割いていただきありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by bento_nokaze | 2014-05-01 18:11 | 生産者さん見学

生産者さん見学

春を迎え、自分の畑も農家さんの畑も入れ替え時期を迎えています。

今年はまた新しい事にチャレンジしようとしているのですが、ここ最近の空いている時間は畑のプランニングや新しい野菜の育て方で頭が一杯。

畑作業の合間に新たな挑戦のため本を読んだり、種をみつくろったりしながら、生産者さんの所にお邪魔したりしています。

b0244034_16411388.jpg
こちらは、瀬沼さんの所にお邪魔した時の様子です。

トマトの苗にお母さんが水をやられている所でした。

b0244034_16411339.jpg
水やり時にポットの土に穴が開かないように、ホースの先に軍手を巻いてゆっくり、そぉ~っと水をやられているのにはビックリ。

このトマトだけの水やりに一時間以上かかるそうです!

暑いハウスの中での作業、本当にご苦労様ですm(_ _)m

b0244034_16370719.jpg
こちらは今年も分けて頂く予定のミニトマト、アイコの苗です♪

今年は私自身も昨年以上に種から育てるつもりなのですが、二重サッシの間の俄温室で育苗するのには限界があると感じ、今年は瀬沼さんのハウスでお世話になる事になりました。

勝手なお願いを色々させて頂いているのですが、嫌な顔一つせず了承してくださるお母さん、感謝してもしきれませんm(_ _)m

b0244034_16372175.jpg
そしてこちらは今日伺った平本花園さんのハウスの土作りの様子です。

平本さんは、朝霧市や夕やけ市にも出店されており、お花や野菜の苗などを売られています。

本当に面倒見の良い方で、農家さんの間でもファンが多い、心優しいおじさまです♪

昨年狭い大和の畑で育てたヤーコンは、平本さんから購入した苗で育てました^^

b0244034_16390618.jpg
こちらは現在育苗中の苗を鉢揚げするため、ポットに土を入れる機械です。

b0244034_16393471.jpg
こちらは発芽させるまで管理する物で、一定温度に保たれるようになっています。

その他にも耕作機や、マルチを貼る機械など色々見せて頂きました。

今はお野菜の切り替え時期となり、農家さんは育苗にお忙しい時期となります。

夏野菜の定植はG.W.前後。

それまでにプランニングをきちんとしなければ…。

…そしてプランニング通りに行かない時は、それはそれでまたよろし^^

とにかくチャレンジする事を今年の目標にしたいと思います。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。
[PR]
by bento_nokaze | 2014-03-24 17:02 | 生産者さん見学