9.18「第二回 野風弁当を食べる会 with 猫月cafe」無事終了いたしました!

b0244034_14393358.jpg
昨日まぼろしの珈琲屋 猫月cafe」さんで開催させて頂きました「第二回 野風弁当を食べる会 with 猫月珈琲~大和の新米を食べよう!~」、無事終了いたしました!

第一回食べる会では、私の到着自体が開催時刻ギリギリとなってしまい、全く余裕が無くスタートしてしまったのですが、二回目の今回は早めに到着。

なかなか事前打ち合わせが出来なかったマスターとも進め方の最終確認をして、 お客様が到着される前に準備万端で臨むことが出来ました。

前回は肩寄せ合う感じでお召し上がり頂き恐縮だったのですが、今回はレイアウトを変えられた猫月さんのスペースでゆったりお召し上がり頂きました♪

b0244034_14393225.jpg
台風の影響が心配されましたが、昨日は風が強かったものの、ここ大和は台風一過の良いお天気!

心配されていた畑の方は…、

b0244034_14393288.jpg
後から植えた0.3号畑のステラの支柱が倒れかけていたり、何本かの茎は、少し折れてしまったりしていたのもあったものの、今は端境期で種を蒔いたばかりなものが多かったので、寒冷紗に守られ、何とか無事でした。

自家採種二年目で割れなくなっていた固定種ステラミニトマトも、さすがの台風には割れてしまったのもあり、今回はお入れできず(´;ω;`)ウゥゥ

でも、秘策として苗子が仕込んでおいたものをお入れしました( *´艸`)

b0244034_14393329.jpg
いつものように、前日夜に精米し、冷蔵庫でひと晩寝かせておいた新米「はるみ」を、瀬沼さんのお母さんから頂いた羽釜で炊き上げ。

b0244034_14393220.jpg
冷めた時に丁度良い堅さになるように炊き上げ、しっかり冷まします。

b0244034_14393131.jpg
本当は今回からは、苗子のお話も食べる会のメインの一つとさせて頂く事と、デザートのご提供も考えていたため、通常のお弁当という形式は取らず、もう少し量を減らした形でのご提供を考えていたのですが、やっぱり野風は弁当屋ということと、予報が30度を超えるという事もあり、今が旬の瀬沼さんの冬瓜も使って結局メイン1品のお弁当をお作りしました。

b0244034_14452175.jpg
今回の会は、小林農園さんの「はるみ」をフィーチャーしつつも、小林さんが育てられた「おおまさり」という大きな落花生やカボチャもお入れしました。

食べる会では、まずはこちらの塩ゆでにしたものをお召し上がり頂いて、素材そのものの味を確認して頂いた後、お弁当をお召し上がりいただきました。

b0244034_14393139.jpg
お弁当の一品としてお入れしたのは、こちら。

塩ゆで時より少し固めに茹で、豆子自慢の大和産津久井在来大豆で作った四年熟成の自家製味噌と、麦麹と「はるみ」で作った甘麹(甘酒)、自家採種二年目無農薬固定種「汐止晩生葱」と瀬沼さんの生姜をアクセントに加えた「おおまさりの味噌がらめ」です。

「おおまさり」の茹で方もご紹介させて頂き、ご用意した直売分は全て完売したどころか、二袋購入されたい方も多く、全ての方にご購入希望数をお届けできず申し訳なかった位でした。

b0244034_14393306.jpg
こちらは、小林さんのカボチャの焼きカボチャ。

苗子は、素材そのものの味をお客様に味わって頂けるよう心掛けてお作りしています。

瀬沼さんの冬瓜を使った塩糀煮もお入れしたので、こちらはシンプルにじっくり焼いて、丁度良い塩梅になるように塩を最後にふりかけただけでお詰めしました。

食感、味共に気に入って頂いたお客様からは、調理方法のご質問も受け、そちらにもご回答させて頂きました。

b0244034_14393341.jpg
そして会ではご説明できなかったのですが、こちらは瀬沼さんのアイコで作ったドライトマトのオイル漬けです。

こちらは塩を振ったりする事も無く、オーブンと天日干しにして作り、オリーブオイルに漬けておいただけのものですが、干す事によって素材の甘味と酸味、旨味が凝縮し、何の味付けをする事無くても美味しくお召し上がり頂ける逸品になりました( *´艸`)

そして食後は、こちらでご紹介した、スペシャルスイーツと猫月cafeさんの珈琲の登場です!

b0244034_15162828.jpg

猫月cafeさんと共に続けさせて頂いている「南林間の珈琲屋物語」 の「南林間ブレンド」の良き相棒としてご提供させて頂いております当店自慢のヘルシーケーキの「オカラチョコレートケーキ」。

野上豆腐さんの国産大豆100%使用、防腐剤無添加のオカラを使い、油・小麦粉不使用のグルテンフリーの人気のこちらに添えたのは…、

b0244034_16100856.jpg
小林農園さんの藤稔を使って苗子が作ったジャムです。

藤稔自体が、とっても甘いので、素材そのものの風味を損なわないよう、グラニュー糖は本当に少量、そしてレモンを入れただけで、三日かけて作った一品です。

お弁当をお召し上がり頂いた後だったので、通常猫月cafeさんで出されるオカラチョコレートケーキの半分の量でお出ししましたが、こちらも気に入って頂けたご様子でした♪

b0244034_14425606.jpg
そして今回は初回の反省も踏まえ、お話する内容を決めて臨んだため、今回マスターが淹れてくださった珈琲や、マスターが育てていらっしゃる珈琲豆の苗を見せて頂く時間もありました!(珈琲の写真を撮るのを失念してしまいました、ごめんなさい(;´・ω・))

今回マスターが選んでくださったのは、エチオピア ハラール地方の豆でマスターが焙煎してくださったもの。

なんと、ご飯の炊き方をイメージした焙煎と、ステーキの焼き方をイメージした焙煎の2種類をご用意してくださいました!

同じ豆で、異なるイメージで焙煎された味わい深い珈琲は、風味が素晴らしいと皆さん絶賛されていました^^

お弁当、デザート、珈琲をお召し上がり頂く時間、そして苗子とマスターのお話と、たった一時間半の中で進めさせて頂くにはどうしても盛りだくさん過ぎる内容となってしまいましたが、ご参加頂いた皆様もご満足いただけたご様子。

我々主宰者も皆さんと一緒に楽しいひと時を過ごす事が出来て、とっても幸せでした♪

地場のお野菜は端境期に入り始めていますが、これからも地場の旬のお野菜をご紹介しつつ、当店のお弁当や猫月さんの珈琲をお召し上がり頂ける機会を設けていきたいと思いますので、今後もお楽しみになさってくださいね^^

三連休の最後の貴重な祝日を、我々と共に過ごしてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。

地場のお野菜が端境期に入ったとはいえ、その間もお楽しみ頂けるよう、ドライトマトだけでなく色々な物も苗子が仕込んでおります。

駅でのお待ちあわせも再開させて頂く事にいたしましたので、是非「はるみ」の新米と共に、地場の生産物満載な野風弁当をお召し上がりくださいませ。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。



[PR]
トラックバックURL : https://nokaze55.exblog.jp/tb/27124914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bento_nokaze | 2017-09-19 15:25 |  L南林間の珈琲屋物語 | Trackback

神奈川県大和市中央林間にある完全ご予約制の仕出し弁当屋です。「地球と身体に優しく」をモットーに、「自家製」と「地場産」にこだわったお弁当をお届けします。


by bento_nokaze