ご縁に感謝!2016年春の初物♪ ~タケノコ~

今週のお弁当は多くのご縁のお陰で、春の初物をお届けする事が出来ました。

今日は数度に分けて、それらが当店に来てくれた経緯についてご紹介させて頂きます(今日はきっと長くなりますがご容赦くださいm(_ _)m)。

当店は、完全ご予約制の仕出し弁当屋で、お届け時間を11時半~14時までとさせて頂いておりますが、それ以外の時間帯は、お弁当をお作りするだけでなく、調味料や保存食を作ったり、自分の畑の管理、ご予約頂いたお客様にお作りするお野菜を、あちこちの農家さんに仕入れに行くという毎日を送っています。

時間のある時は、お手伝いをしたり、たわいないおしゃべりをしたりしているのですが、その日はたまたまご予約が無い日で、朝は自分の畑の整理、そして午後は平本さんの所に行って、こちらのお弁当にお入れした葱坊主やブロッコリーを一緒に収穫させて頂いてました。

ハウス内の草むしりのお手伝いをして、お茶が済むと、「今から小林さんの所に苗を納品しに行くんだけど、一緒に行く?」と言われ、伺う事になりました。

大和には「小林さん」という名字の方が多いのですが、こちらの小林さんは小林農園さんでは無く、夕焼け市と朝霧市に出店されている小林さんで、例年栗仕事の栗でお世話になっている方でもあります。

とっても仲の良いご夫婦二人で主に畑仕事をされているのですが、伺った時は丁度お休みを取られようとしている所でした。

頼まれていた苗を置いてすぐ帰る予定が、お茶をご馳走になったりしていた所、お父様が「タケノコ出来てるけど要る?」と…。

タケノコ待ってたんです~!!!!!

まだ少し先だろうと思って全然期待をしていなかったのでビックリ!

…ということで、畑仕事を終えられた後、伺う事になりました!

私は長靴を履いていたものの、雨が降った後だったこともあり、階段がある方から登っていきましたが、ご自宅裏の急斜面をスイスイ登られるお母様。

頼もしいと思いながら拝見してると…

b0244034_15062653.jpg
あちこちに頭を出したタケノコが!

過去には、瀬沼さんの所や、川口さんの所で実際にタケノコを掘らせて頂いたのですが、タケノコの根が張っているので、上手く掘るにはコツがあるんですよね。

b0244034_10520345.jpg
今回はお母さんがあっという間に掘ってくださいました!

こちらが今回購入させて頂いた物♪

採れ立てのタケノコは、下のイボイボが真っ赤です^^

b0244034_10495675.jpg
タケノコは掘ってから時間が経つとアクが増してくるので、すぐに帰宅して日々の精米で出る糠と、自家製無農薬鷹の爪で下ゆでをしました。

b0244034_15204254.jpg
ゆで汁に浸したまま一晩置いた物は、水に浸けて保存しておくと一週間ほど持つのですが、ご予約頂いている分以外は、長期保存出来るように使いやすい分量を煮沸殺菌したガラス瓶に入れて、また煮沸して脱気します。

b0244034_15163085.jpg
こうして冷蔵庫に保存しておけば、一年は持ちます♪


b0244034_12561762.jpg

昨日もご紹介しましたが、毎年タケノコの初物は、素材の風味を感じていただけるよう、シンプルに焼いてステーキにする事が多いのですが、今年は川口糀店さんの米糀で作った塩糀少量と採れ立ての木の芽を和え、噛めば噛むほど筍の風味を感じて頂けるよう仕上げました。

b0244034_10475902.jpg
山椒の葉である木の芽は、今は無き野風二号畑の地主さんの所で、お詰めする直前に収穫させて頂いている物で、風味をより際だたせてくれます♪

タケノコそのものの風味がして美味しかったと、お召し上がり頂いたお客様からは大変ご好評頂きました♪

農家さんとの繋がりで待ち望んでいたタケノコが手に入ったその日、他にも待ち望んでいた物が届きました。

長くなったので、そちらはお次の記事にさせて頂きますm(_ _)m

続く

[PR]
トラックバックURL : https://nokaze55.exblog.jp/tb/25703340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bento_nokaze | 2016-04-23 15:30 | 野風の食材 | Trackback

神奈川県大和市中央林間にある完全ご予約制の仕出し弁当屋です。「地球と身体に優しく」をモットーに、「自家製」と「地場産」にこだわったお弁当をお届けします。


by bento_nokaze