プランター栽培のススメ♪

おはようございます。

今日は久々にプランターで育てている野菜達のご紹介です♪

畑のゴーヤは、日に日に凄い勢いでカーテンになっていますが、プランターでグリーンカーテンを目論んでいる三本の苗はどうなったでしょうか!?!

ちなみに、最後にご紹介したのは約一ヶ月前のこちらですが、今朝の様子はと言いますと…

b0244034_09171671.jpg
こんな感じ!

でもカメラに全然収まる状態では無く…

b0244034_09171553.jpg
一番上はもう天井に届いたので、既に主枝を切りました。

これから脇芽を伸ばしてカーテンにしていきます♪

でもよくよく見てみると…


b0244034_09171500.jpg
白ゴーヤがなってます~(≧▽≦)

b0244034_09171614.jpg
最初に確認したゴーヤも日に日に大きくなり…

b0244034_09171592.jpg
あちこちに小さな赤ちゃんを付けた雌花が確認出来るようになりました (*´艸`*)

b0244034_09171517.jpg
こちらはプランターで育てている固定種の仙台長なすです。

b0244034_09171582.jpg
一番花を今朝確認したので、摘み取りました♪

b0244034_09171598.jpg
そしてこちらは品種は不明なのですが、一号畑で勝手に生えてきたトマトをプランターに移植したものです。

b0244034_09171504.jpg
今年は深めのプランターで一本ずつ、そして螺旋状で育てるやり方にも挑戦してみる事にしました!

昨年から固定種の育苗を始め、無肥料・無農薬に挑戦していた今は無き二号畑

そこでは、無肥料・無農薬栽培では可能と言われる連作をしていきたかったのですが、その夢叶わず非常に残念に思っていました。

が、しかし!

b0244034_09171572.jpg
実はプランターで挑戦しています(≧▽≦)

こちらは昨年ベランダにあるプランターで育てていた場所で、ステラが終わってからも、何も手を付けずそのままにしていたら、勝手にいくつか出てきてくれました!

土も昨年と同じもので、無肥料・無農薬。

念願の連作が図らずもプランターで出来る事になりました!

そもそも私が固定種や、無肥料・無農薬栽培に興味を持ったのは、自然栽培農家さんをご紹介頂いた事に始まります。

それから色々勉強し、それまでは全然知らなかった種に色々違いがあることや、農薬だけでなく肥料すらやらない農法がある事を知りました。

交配せずに採種された固定種(在来種)を蒔き、その恵みを頂き、そして種を取って次の命に繋いでいく。

先程ご紹介した二種類のゴーヤは、平本さんの所で育てられた物から採種させて頂いた物ですが、その他にも自分で育てた野菜の一生を最後まで見届け、我々人間がその植物の、いつの、どういう状態の物を食べているのかという事に興味が湧くようになりました。

無肥料で育てようが、虫は出ます。

草も生えます。

でも、虫がいないと受粉出来ずに実とならない野菜は沢山あり、そうなると我々の口には届きません。

草だって取りすぎると、逆に土が硬くなってしまう事すらあります。

食べられる物を「野菜」や「果物」、食べられない物を「雑草」などというカテゴリーに勝手に分類しているのは我々人間です。

考え方は人それぞれですが、動物だけを命ある物という考えには個人的には疑問を覚えます。

我々が生きているように、その他動物も植物も生きています。

プランターでも、ホームセンターで買った種でも苗でも土でも良いから、まずはご自分で野菜を育てる事を始めてみて頂きたいと思うのです。

そして出来れば農薬を使わず、時には虫と戯れ(本当に、本当に慣れてくるし、愛おしく思えてきます!)、時には鳥と戯れ、やっと食べれる状態になった野菜が、実はその野菜の一生のうちの、いつの、どの部分を食べているのかということを、考えて食べてみてください。

そして興味ある方は、肥料すら使わず、同じ所での連作に挑戦してみて頂ければと思います。

野菜を「食べ物」という視点だけで見るのでは無く、「生き物」として見てみると、世界がとても広がり、その神秘に驚かされたり感動する事が沢山ありますよ^^

次回は、昨年ご紹介出来なかった葱の一生についてご紹介させて頂く予定です♪

*****

昨日こちらでご紹介したように、来る7/3(金)と4日(土)に、南林間にあります「あとりえ・すぱいす」さんで、ハンドメイドショップが開かれます。

当店は、多くの方のご協力を得て、東日本大震災の義援金を集めさせて頂く事になりました。

ホームセンターで売られている種や苗は、殆どがF1種で、固定種の苗を手にするのはかなり難しいため、昨年から自分で育苗するようになりました。

脇芽から育てた物でも種から育てた物と同様育ちます。

ちなみに、昨年の記事をさかのぼると、瀬沼さんのアイコの脇芽から育てた物はこちらの12/3にお入れしたのが最後でした。

ステラミニトマトは固定種なので、無肥料・無農薬栽培や、連作に挑戦して頂く事も可能です。

アイコはF1種ですが、皮が厚く、雨にも強い品種です。

トマトは南米の雨が少ない地域出身のため、水やりをしなくても育ってくれる、初心者には手を付けやすいお野菜です。

昨日もお話ししたように、植える場所ももう無いのに、誰が貰ってくれる訳でもないのに、ただただ脇芽を取っては育てていた苗。

こういう形で皆さんのお手元にお届け出来る機会を頂けた事、とても嬉しく思っています。

昨日お話ししたように、神谷さんの小梅と川口さんの糀を使った品や、その他諸々お持ちする予定です。

是非是非多くの方に足を運んで頂き、皆さんが心を込めてお作りになった手作りの品や、義援金へのご協力をして頂ければ幸いです。

なお、お伝えしておりますように、7/3(金)は既にご予約頂いている方のみのお届けとさせて頂き、4日(土)は臨時休業とさせて頂きます。

ご理解、ご協力のほど宜しくお願いいたしますm(_ _)m

[PR]
トラックバックURL : https://nokaze55.exblog.jp/tb/24640870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bento_nokaze | 2015-06-30 09:57 | 畑仕事 | Trackback

神奈川県大和市中央林間にある完全ご予約制の仕出し弁当屋です。「地球と身体に優しく」をモットーに、「自家製」と「地場産」にこだわったお弁当をお届けします。


by bento_nokaze