苗子の受難…。

b0244034_16095542.jpg
金・土と臨時休業を頂き、ありがとうございました。

金曜日は1日外出していたのですが、昨日は朝からいつものようにエコプランターのチェックや、畑仕事から始まりました。

こちらは「苗子の不覚(>_<)」でお知らせした、残念な事をしちゃった南瓜ですが、昨日もまた残念な事を発見してしまいました…。

b0244034_16102542.jpg
こちらでご紹介した人工授粉を施したはずの実が結実しませんでした(T_T)

こちらを含めて、雌花を確認したのは「苗子の不覚(>_<)」で図らずも切り落としてしまった物含めて、三個目…。

いずれも受粉に成功しておりません(_ _)

過去に南瓜は何度か育てた事があるのですが、それでも一株に1~2個しか取れず、苗子が苦手とするお野菜の一つ。

さて、今年は上手く行くのでしょうか(>_<)?

b0244034_16095512.jpg
こちらは今年初の自家製無農薬デザートがお入れ出来るかもしれないと目論んでいるタカミメロン。

遠くから見ると相変わらず、何処に実が付いているのか分かりませんが…、

b0244034_16095502.jpg
葉っぱに隠れてしっかり実を付けたメロンちゃんは、しっかり丸みを帯びて来ました!

今は直径10cmくらいになったでしょうか。

後はカラスに狙われないよう対策をそろそろしておかなければいけませんね。

b0244034_16095591.jpg
畑のゴーヤも実を付け始めましたが、厨房前のグリーンカーテンを目論んでいるゴーヤは、早い物はもう簾の一番上まで張り付く勢いになってきました!

上まで届いた物から枝を切り、脇芽を伸ばしていきます。

b0244034_16111265.jpg
前々からチェックしていたゴーヤも随分大きくなって、明日のお弁当には初物をお入れしようと思っています♪

畑の野菜達も元気にスクスク育っております。

雨が降った後に天気が続くと、またグンと大きくなるので、今週も固定種から育てた自家製無農薬野菜をふんだんにお入れ出来ると思いますので、ご予約いただいたお客様、お楽しみになさってくださいませ♪

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-26 16:25 | 畑仕事 | Trackback

苗子の不覚(>_<)

b0244034_16012909.jpg
こんにちは、苗子ですm(_ _)m

今日もかなりの時間を割いて書き上げたかった記事の一つをやっと書き終えたら、雨も止み、お天気になってきたので、プランターで育てている野菜のチェックをしていました。

数日前に南瓜に新たな雌花を見つけたので、人工授粉のタイミングを待っていたのですが、なかなか雨が止んでくれず…。

本来は朝方にやるのですが、前回ご紹介したように受粉したい時に雄花が無い時があったり、雨が降っていると受粉もしにくいので、雄花がある今のウチに受粉させることにしました。

b0244034_16012942.jpg
いくつかあった雄花の花弁を取って、雌しべに雄しべをくっつけ、無事受粉完了。

何とか無事実になってくれる事を祈りつつ、風通しが悪いと病気にかかりやすいので、どんどん出てくる脇芽や混んできた葉っぱをチョキチョキとハサミで切っていました。

ところがふと気付いてみると…

不覚にもさっき受粉したばかりの脇芽を切っちゃった!?!

まさかまさかと思って、その脇芽の元から、どんどんその先を切っていったところ…、

b0244034_16012917.jpg
やっぱり切っちゃってました(T_T)

お陰様で混んでワサワサしてたのはスッキリしたものの、大事な実となったであろう雌花とは、おさらばです…。

畑のトマトも、脇芽を伸ばしているのもあるし、今後は今まで以上に気をつけます(>_<)

*****

お知らせしていますように、今月24、25日は臨時休業とさせて頂きます。

また、明日24日は、電波が届かない場所にいるため、お電話に出る事が出来ません。

大変申し訳ございませんが、ご注文やお問い合わせは、bento.nokaze@gmail.comまでメールにてお願い申し上げます。

ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-23 16:10 | 畑仕事 | Trackback

初めまして、豆子ですm(_ _)m

Facebookでは既に登場しているものの、ブログでは初めての登場になると思います(^^;)

今日は昨日の記事に続き、ずっと書き上げたいと思っていた事をご紹介させて頂きます。

昨日の記事中で、梅子の先生デビュー前に川口さんと久々にゆっくりお話しさせて頂いた事はお話ししましたが、まさにその翌日。

愛ある美味しい物好きな仲間達のお一人で、川崎で「和ごころ食卓 」というお料理教室を主宰されているマユミさんが遊びに来てくださいました♪

その日はたまたま彼女に聞きたいことがあって、Facebookでメッセージを送ったら、丁度忙しかった味噌作り教室後の充電期間を終えようとされている所だということで、お弁当もあるし、遊びに来たらとお誘いした所、突然だったにも関わらず、都合をつけて来てくれました^^

タイミングが合えばすぐにお友だちとランチパーティーが出来ちゃうのは、弁当屋の特権です( *´艸)

…ということで、まずは腹ごしらえから!

あ、いっつも腹ごしらえから始まってますがご容赦ください(^^;)

b0244034_09475033.jpg
今月より通常のお弁当の回収容器でのお取り扱いは止めさせて頂く事にいたしましたが、この日は讃岐の後藤塗りのくりぬきの器に入れてお出ししました。

器が違うとやっぱり見た目も豪華になりますね。

この器は一目惚れして買ったのですが、何しろお高いので数が少なく、今後は特製弁当ご利用時、ご人数様によっては使わせて頂く事があると思います。

マユミさんには、川口さんをご紹介させて頂いたのですが、その川口さんのこうじを使った当店自慢の調味料を使ったお弁当を一緒に食べながら、こうじの事や畑の事やら、色んな事を話しながら楽しいランチタイムを過ごしました♪

当店は開店以来作り続けている自家製味噌のストックが大分あるので、実は去年は味噌作りをしないと決めていたのですが、こちらの記事でご紹介したのは、マユミさんが我が家に遊びに来てくれて、味噌話をしていたら、やっぱり作りたくなってきちゃったから作ってしまったという経緯があります(^^;)

まさかその後、念願だった自家製糀で味噌作りをするまでになるとは思わなかったけれど、とにかく去年は想定外の事が沢山あった一年でもありました。

b0244034_09422627.jpg
そんな経緯がある中、お弁当を食べた後、「一緒に食べたい物があるの^^」とマユミさんが出して来てくれたのが、こちらです。

なんでも「十五夜味噌」と言って、塩少なめ糀多めで十五夜で出来ちゃうというお味噌です!

彼女は、私が昨年取ったみそソムリエの資格も早くから持ち、味噌作りを教えられて10年以上の経歴の持ち主なのですが、豆を変えたり、塩を変えたり、糀を変えたり、配合を変えたりして、何がどう違うのかなどの実験味噌を作られたり、現状に甘んじる事無く研究される方なのですが、十五夜味噌は初めて作ったとのこと。

丁度十五夜が経った日に我が家に来る事になったのも何かのご縁!

早速試食する事になりました♪

b0244034_09422601.jpg
ラップの下には塩蓋をしてあるとはいえ、塩分少なめでも全然黴びてない!

b0244034_10181019.jpg
十五夜しか経ってないので、白味噌のような見た目ですが、食べてみると、ふんだんに使った川口さんの糀の味と香りが贅沢にします!

やっぱりまだ糀は若干固いけれど、川口さんの糀は他と比べると、もともと柔らかいので気になりません。

いやぁ~、十五夜でこれだけ美味しいお味噌が作れるなんてビックリだねと話していたら、今度は昨年みそソムリエの資格を取った時についてきた手作り味噌キットで作った味噌や、愛ある美味しい物好きな仲間達と一緒に川口さんの所で作った味噌も一緒に味見して貰う事にしました!

b0244034_09422672.jpg
まずこちらは、みそソムリエの時についてきたキットで作った物で、大豆は北海道産とよまさり、糀は茨城県産のお米で作られた乾燥糀でした。

シートの上に乗せているのは、川口さんの味噌作り教室の時に、ワサビを乗せると黴びないらしいと聞き、やってみたものなのですが、本当に全く黴びてない!

ワサビの抗菌作用に二人して驚いてしまいました。

b0244034_09422640.jpg
発酵によりピタっとしておいたシートが少し浮き上がっていたものの、シートを上げても全くカビが見あたらないのは本当にビックリ。

b0244034_09422668.jpg
こちらで作ったのは昨年10/30なので、丁度半年ほど経った所ですが、やはり中はまだ熟成が進んでおらず白っぽい。

b0244034_09422613.jpg
そしてこちらは昨年11/2に愛ある美味しい物好きな仲間達と一緒に川口さんの所で作ったお味噌で、川口さんが厳選された北海道産の音更大袖振大豆(おとふけおおそでふりだいず)、川口さんの本業の糀のお米は、京丹後市大宮町、笹岡さんの五十河紫峰米 特別栽培 こしひかり、お塩は当店でも川口さんのご紹介で使わせて頂いているメキシコ2年天日塩で作った物です。

川口さんの素晴らしい所は、生産地だけでなく、生産者さんもご存知で、殆どの場所に実際現地に行かれているという事。

こういうこだわりを持った方が近くにいらして本当に我々は幸せ者ですね♪

b0244034_09422660.jpg
こちらはワサビを入れずに作り、少しだけカビが見受けられますが、味噌作りにカビが生えるのは当たり前と言えば当たり前なので、カビの部分だけ取り除きます。

b0244034_09492342.jpg
こちらは先の味噌より数日遅く作ったのに、表面の発酵が進んでいます。

これは糀の量やワサビの関係があるのでしょうか!?!

b0244034_09492386.jpg
そうそう、こちらは川口さんのタンパク質分解酵素が米糀よりも更に強い麦麹を使ったのもあるのかもしれません。

b0244034_09492338.jpg
…ということで、三つの味噌を食べ比べ!

それぞれの味や特徴を楽しみながら、試食しました♪

その後は、野風一号畑や、今は無き二号畑跡や、エコプランターをお見せしたり、厨房に移動してこうじ調味料の試食をしたり、後日マユミさんにもご参加頂いた「梅子と一緒に始める梅仕事」講座でお披露目する梅塩糀や梅醤油麹など、当店自慢の調味料を片っ端から試食して頂きながつつ、大盛り上がりで話をしていたら、あっという間に時間が経ち、お別れの時間に(T_T)

みんなそれぞれ忙しいのだけれど、今度は愛ある美味しい物好きな仲間達と一緒に手前味噌お披露目会をしようねと言って別れました。

前日の川口さんの畑見学や、この日のマユミさんと過ごした一時も、梅子が多忙を極める事になる6月を元気に過ごさせてくれた一因でもあると思います。

良き仲間に恵まれ、本当に感謝しています。

マユミさんが主催されている「和ごころ食卓 」さんのFacebookページはこちらですが、味噌作りだけではなく、紅茶やお酢、みりんなど様々な講座を企画されています。

米粉を使ったデザートなどもかなり前から着目されていて、長年実践されている信頼おける尊敬すべき方。

こういったお教室に通われる方は、実績を積まれ、何年経っても研究や実験を怠らず、人から借りた言葉やその場しのぎの知識で語る事無く、生徒さんや相手の事を常に気に留め、自らが考え、選んだ言葉で教えてくれる彼女のような人に、習われる事をお勧めします^^

大人になってもお互いを刺激し合い、本音で語り合える友が出来て、本当に良かった!

マユミさん、また気軽に遊びに来てくださいね♪

そして、是非「涼しくなったら」愛ある美味しい物好きな仲間達との手前味噌お披露目会を実現させましょう^^

そしてまたまたマユミさんが来てくれた後は、今年こそは作らないと言っていたある物を作る事になるのです(^^;)

その様子は、またの機会にさせて頂きますm(_ _)m

なお、お知らせしていますように、今月24、25日は臨時休業とさせて頂きますのでご了承くださいませ。

また、明日24日は、携帯電話の電波が届かない場所にいるため、お電話に出る事が出来ません。

大変申し訳ございませんが、ご注文やお問い合わせは、bento.nokaze@gmail.comまでメールにてお願い申し上げます。

ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-23 11:02 |  L味噌造り | Trackback

こんにちは、苗子ですm(_ _)m

今朝の畑仕事を無事終えた後は、延び延びになってしまっていた記事の一つを、やっと書き上げる事にいたしました。

先月末より、神谷さんの小梅収穫のお手伝いが始まり、梅子の仕事がバタバタし始めていましたが、 今月に入ったその日。

当店の「こうじ」含め、その他書き出せない位、色々お世話になっている川口糀店さんの畑に伺いました!

実は、昨年収穫選別のお手伝いをさせて頂き、大切に使わせて頂きつつ、お客様に大変ご好評頂いた無肥料・無農薬で育てられた貴重な金胡麻が底をつき、そろそろご相談をしなければいけないと思っていた所に、川口さんから「今年も金ゴマ 引き取ってくれますか? 種撒こうか迷っています」とのメールが!

丁度、そのお話しをさせて頂こうと思っていた所にメールを頂いたので、すぐご連絡し、その日に蒔かれる予定ということで、お弁当をお届けした後、伺う事になりました。

b0244034_10560591.jpg
こちらは広い土地の中で、無肥料・無農薬を実践されている一反の畑。

照りつけるような暑さの中、一人ぽつんと金胡麻を蒔かれている川口さんがそこにいらっしゃいました。

思わず、「私が蒔きます!」と言って、後ほど蒔かせて頂く事にして、まずは今年の川口さんの畑を見学させて頂く事になりました。

b0244034_10560511.jpg
こちらの畑は何度も伺っているのですが、ブログでは愛ある美味しい物好きな仲間達と一緒に伺った時が最初にご紹介した記事になると思いますが、初めて伺った時の様子は、Facebookページのアルバムにまとめてあります。

パッと見ただけで、今年は何だか去年とは意気込みが違うのを感じました。

通路に敷かれているのは、雑草対策と土が固くなるのを防ぐための「い草」で熊本の無農薬のい草を使われた物だそうです。

苗子にも少し頂きました♪

b0244034_10560564.jpg
数種類のトマトも既に大きくなっていて、周りには防鳥、防獣対策が施してあります。

当店のように民家の近くにあって、狭い場所ならてぐすで対策できますが、川口さんの畑は、周りも畑に囲まれた場所。

カラスだけじゃなく、色んな動物も来るんだそうです。

しかし嬉しかったのは、こちらでもご紹介している便利グッズを使われていた事!

それを見つけて「あっ!」って言ったら、ニヤって笑った川口さんの顔が印象的でした( *´艸)

b0244034_10504820.jpg
既に赤くなったトマトもあり、今年の夏も楽しみですね♪

さて、一通り見学させていただいた後は、金胡麻を蒔かせて頂きましょう。

b0244034_10504963.jpg
去年は、袋からバっと蒔いて、間引きしながら育てていらしたのですが、今年は二列に蒔く事に。

畝を立てるという事も無く、金胡麻を筋蒔きにして、上から土を被せるだけの作業ですが、今や狭い一号畑とエコプランターしか無い苗子にとっては、かなりの広さ。

あの金胡麻の美味しさをもう一度味合わせて頂ける事に感謝しながら蒔きました。

b0244034_10551353.jpg
無事終了し、次の場所へ移動する直前に「苗子さん、これ要りません?」っと言ってくださったのが、こちらの里芋。

「だから、ウチには植える場所が無いんですよ~」と言ったものの、そうだ今年はエコプランターがあるじゃないかという事で、頂く事にしました。

さてさて、場所を移動し、お次の作業に入る前に、まずは腹ごしらえ。

b0244034_10504841.jpg
以前仲間達とも一緒に食べた栗林が見える所でお弁当を食べて頂きました。

b0244034_10584177.jpg
ちょっと小さめの容器なので、その日のお弁当を詰めたらギュウギュウになっちゃったけど、川口さんの「こうじ」で作ったこうじ調味料三兄弟をふんだんに使ったこちらを、いつものように噛みしめて食べて下さいました。

神谷さんに食べて頂いた時も、過去農家さんに食べて頂いた時もそうなのですが、生産者さんがお召し上がりになる時は、だまって、噛みしめて食べて下さいます。

普段はお届けするだけで終わってしまうので、こういう風に目の前で食べる姿を拝見するのは、私の一つの楽しみだったりします( *´艸)

b0244034_10504817.jpg
食後に目に付いたこちらは、廃棄処分される予定だということだったので、遠慮無く頂戴する事に!

右下の小さなお風呂の椅子などは、除草やずっと同じ作業をする時にあると便利なんです♪

そして短くなった支柱達は、既にエコプランターで育てている南瓜の支柱の補強に使わせて頂いています^^


b0244034_10504874.jpg
去年までは、とにかく何でも「手作業で」やられる事をモットーにされていた川口さんでしたが、今年からはやっと一部の作業は機械を使う事にしてくれました。

ほぼお一人で全部で6反もある土地を、糀屋としての本業の傍ら、手作業だけでやるのは無理ですよ(>_<)

お弁当を食べた後、すぐ「やっぱり、楽です^^」と言われながら、耕していらっしゃる姿に、正直ちょっとホッとしました^^

そしてその後はご自宅へ。

b0244034_10551476.jpg
去年までは糀屋さんとしての本業が多忙のため、「育苗は無理です」って断言されてた川口さんですが、今年はご自分でも育苗されています!

b0244034_10551345.jpg
昨年当店で育てたステラミニや、四葉胡瓜を大変気に入ってくださって、今年はご自分でもそれらを含めた夏野菜の育苗を始められ、種や脇芽からトマトを育てたり、その他のお野菜の育苗もされています。

苗子としてはとても嬉しくもあり、これ以上働いて身体を壊されないか心配でもあり、ちょっと複雑(>_<)

…ということで、今年は当店の育苗は無事終わったという事もあり、金胡麻のお礼も兼ねて川口さんちの自然宝庫用の育苗の一部を苗子がお手伝いさせて頂く事になりました。

b0244034_12461634.jpg
昨年こちらでご紹介した川口さんがお持ちの土地の中で一番地力が高いというこの場所の土を使って、当店の畑で育っているステラの脇芽から育苗させて頂く事にしました。

それが「スティックブロッコリーの自家採種」の記事の最後にご紹介した袋で、中にはステラの育苗用に頂いてきた土が入っていました。

b0244034_10504884.jpg
こちらは今朝の様子ですが、左にあるのが、その土を使って一号畑で育っている当店のステラを育苗しているもの。

そして右側は、先にご紹介した四つの里芋の種芋をエコプランターで育てている様子です。

b0244034_10504805.jpg
よくよく考えたら、里芋は土寄せして育てていく物なので、エコプランターはピッタリ!

頂いたすぐ後に、種芋が隠れる位に植え、半月ほど経った様子となりますが、これから土寄せをし、このエコプランターが土で一杯になったら、今度はまた新たな発泡スチロールを重ねて土寄せしていく…という方法で育ててみる事にしました!

b0244034_13051561.jpg
そしてこちらは、先程川口さんが育苗されていた苗から頂いた賀茂茄子です。

一号畑には本当にもうスペースが無いので、こちらは鉢で育てていますが、順調にスクスク育っています♪

苗子が育苗してきた仙台長なすと真黒茄子の苗も差し上げたのですが、定植時期を過ぎてしまってからだったため、どうなることかと思っていたら、培養土を変えながら実験中で、元気になってきたそうです!

苗子は、小さい頃から趣味で畑を借りていた苗太郎の畑の手伝いを嫌々やってはいたものの、自分の意志で野菜を育て始めて七年目。

無肥料・無農薬栽培に出逢ってからは三年になりますが、川口さんは、農業のご経験は既に20年を超え、無肥料・無農薬栽培も10年やられているそうです。

本業も、農業経験も、畑の広さも全く違う二人ですが、無肥料・無農薬栽培に興味があり、昔ながらに採種された野菜を、より美味しく、安全に育てたいと思う気持ちは一緒。

もう少しで川口さんの今期の糀造りも終わりを迎え、やっとお逢い出来るようになりますが、きっとお逢いするのはお店では無く畑なんだろうな^^

川口さんの「こうじ」は今や当店のお弁当に必要不可欠な存在となっていますが、無肥料・無農薬栽培仲間としての川口さんの存在も、苗子に取っては同じように必要不可欠な存在です。

我々は、農業を本業としている身では無いかもしれないけれど、野菜に対する想いだけは、農家さんにも負けないと思っています。

お逢いする時は殆どが野菜の話ばかりになるのだけれど、先日梅子の先生デビューの前は、お忙しい中、半日ほど時間を取って、疑問点やその他、「こうじ」についての事を教えて頂き、私も自信を持って皆さんにお話しする事が出来ました。

川口さんは、今や当店にとって「こうじ」の生産者さんや師匠というだけでは無く、「契約農家」さんでもあり、無肥料・無農薬栽培や固定種を広めたいと願う同志でもあります。

いつもお世話になっている大和の農家さんに加え、同じ想いを持つ仲間が、当店の近くにいらして本当に幸せだと思いました。

川口糀店さんは、大和と境川を挟んだすぐの場所にありますが、非常に分かりづらい場所にあり、先日ご紹介させて頂いた方もやはり間違えられたとおっしゃってました。

川口糀店さんの情報はこちらでご確認頂けますが、大和にお住まいの方は、大住屋商店さんでも川口さんの商品をお買い求め頂けます。

大住屋商店さんは、川口さんの使われるお米を精米されている方で、川口さんの絶大なる信頼を受けていらっしゃる方。

実はこの日、たまたま大住屋さんともお逢いしたのですが、通常大住屋さんで販売されている川口さんの塩糀やお味噌以外の糀なども、事前にお電話頂ければ購入して来てくださるそうです。

大住屋商店さんに関しては、昨年こちらの記事でもご紹介させて頂きましたが、三つ星お米マイスターの資格をお持ちで、全国から厳選されたお米を1kg単位から販売して頂けます♪

この日も、お忙しい所、今後の野風のご飯のご提供方法含め、お米について色々迷っていた事をご相談させて頂きました。

ご相談させて頂いた事を含めた今後の野風のご飯については、また別途ご紹介させて頂きたいと思います。

川口さん、大住屋さん、どうもありがとうございましたm(_ _)m

川口さんちに嫁ぐステラはもうすぐお嫁入り予定。

しばしお待ちくださいね♪

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。
 ※ なお、お知らせしていますように、今月24、25日は臨時休業とさせて頂きますのでご了承くださいませ。




[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-22 13:47 | 生産者さん見学 | Trackback

メロンの隠れん坊

b0244034_06405549.jpg
おはようございます、苗子です。

今朝の人工授粉チェックと、畑の草むしりを終えました。

こちらは、今年初挑戦のタカミメロン。

前回ご紹介した記事をご覧になって下さった方は、大体どの辺りに出来ているか検討がつくと思いますが、パット見ただけでは、まだちょっと分からない状態。

でも葉っぱをかき分けて行くと…。

b0244034_06405635.jpg
ちゃんと大きくなっています!

今はカラスの子育て時期と重なり、生ゴミや育てている野菜が狙われる時期となります。

先日調べてみたら、カラスは視覚で餌を探し、嗅覚はそれ程発達していないという事を知りました。

野菜に取っては、カラスだけでは無く、我々人間すら、子孫を残そうと頑張っている彼らに取っては鬼。

上手く葉っぱに隠れて見つからないようにしているんですね。

これからは虫だけでは無く、野菜達との隠れん坊も始まります( *´艸)

今年は苗子だけでなく、カラスという他の鬼も参戦する事になりそうなので、メロンの方も大変ですね(>_<)

b0244034_06405547.jpg
昨日の「梅雨の時期の病気対策」でご紹介したように、こちらのメロンも梅雨時期に入ると「うどんこ病」に悩まされます。

このうどんこ病のやっかいな所は、粉のように吹いた状態で葉っぱにつき、風や葉っぱがこすれたりする事によって病気が移りやすい事。

なので、広がる前に静かに取り除くのが通常なのですが、葉っぱを取りすぎると栄養が行きにくくなるし、カラスなどの目にも付きやすくなってしまいます。

なので、昨日ご紹介した自家製環境浄化微生物「えひめAI」を静かに吹き付けて、今日の所は終わりにしました。

葉っぱは病気がちになろうとも、メロンは必死で次世代へ命を継ぐ準備をしています。

b0244034_06405708.jpg
後から植えた方の苗にも、赤ちゃんメロンが二つ付きました(≧▽≦)

一つは間違いなく人工授粉したのですが、もう一つは、自然と虫が受粉してくれた可能性が。

植物も人間も虫のお世話になる事、実は多いんですよ♪

b0244034_06405691.jpg
エコプランターチェックを終えた後は、畑へ。

こちらで半分畑に定植した様子をご紹介しましたが、今日は残りの苗を定植してきました。

b0244034_06405614.jpg
こちらは昨日収穫した固定種の「ちりめん青じそ」ですが、昨日収穫中に寒冷紗の中から出てきたバッタ君にとうとう遭遇(>_<)

今の所、被害に遭わず綺麗に収穫出来ていたシソですが、これからは決して苗子が勝つ事の出来ないバッタ君達との隠れん坊…いや、バッタ君の場合は、もう防ぎ切れないので、日々寒冷紗がしっかりかかっているかチェックするしか無い状態です…(_ _)

こんな事をしながら、あっという間に延びていく雑草を取ったり、大きくなってきた畑のゴーヤが、他の野菜に絡みつく前にネットに誘引したりして、苗子の朝は過ぎました。

今日こそは、他の記事を書き上げられればと思っています(^^;)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。
 ※ なお、お知らせしていますように、今月24、25日は臨時休業とさせて頂きますのでご了承くださいませ。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-22 07:11 | 畑仕事 | Trackback

b0244034_14330055.jpg

こんにちは、梅子ですm(_ _)m

残念ながら雨が降ってきてしまったので、苗子の朝の畑仕事を終えた後は、梅子が梅仕事の中休みに入る前の一仕事をしていました。

こちらは「2016年 梅仕事【その11】滝本さんの無農薬南高梅の塩漬け 」でご紹介した時の一番手前のザルで追熟していた梅を使った梅ジャムです。

昨日からの梅ジャム作り、畑仕事の後は、瓶煮沸に、瓶詰め後煮沸をし出来上がりました♪

これは、昨年のハンドメイドショップ@あとりえ・すぱいすさんで初めて販売させて頂き、大変ご好評頂いたのですが、今年は残念ながら梅の裏年にあたり、収穫量が少ないため、一般販売出来る程お作りする事が出来ませんでした。

b0244034_14354945.jpg

2016年 梅仕事【その11】滝本さんの無農薬南高梅の塩漬け 」で二度目に漬けた塩漬けも、翌日にはしっかり上まで梅酢が上がってくれて…、

b0244034_14354968.jpg

いつでも赤紫蘇を入れられる状態です♪

b0244034_14330007.jpg
そしてこちらは、梅子の先生デビューの時に皆さんと一緒に作り、先日自家製無農薬赤紫蘇で赤ジソ仕込みをした分の今日の様子です。

b0244034_14330087.jpg
梅総重量の1割ほどの赤紫蘇で仕込むところ、まだ半分の量の赤紫蘇しか入れられてないのですが、仕込み初日に比べたら随分染まって来ましたね♪

でもこちらはかなり黄熟した小梅を使ったという事もあり、

b0244034_14330032.jpg
もう梅酢を回す必要が無い位の状態でも、皮が本当に柔らかいので、ちょっとした揺れなどで破れてしまう事もありますが、干す前に破れてしまった物や、干す時に破れてしまったものは、梅ペーストにしてお料理に使ったり、ご飯のお供にしたり出来ます♪

b0244034_14330057.jpg
今年は仕込む梅の量が、多分開店以来一番少ないので、追熟の段ボールも、追熟後に増えていく樽も少なくて、例年に比べ厨房が広く感じます!

後は先の小梅の赤紫蘇仕込みの追加と、「2016年 梅仕事【その11】滝本さんの無農薬南高梅の塩漬け 」の赤紫蘇仕込みを終えれば、梅雨明けまで梅仕事は中休みに入ります。

先日こちらの記事を読み返していたら、何と7/2に梅子が誕生した事を知りました。

余りに忙しくて梅子を登場させたものの、読んでみると笑っちゃう位キャラ設定が出来ていない事が分かります(^^;)

去年は地場の梅の生り年で、とにかくお弁当のお届け後は、日々梅仕事に追われ、ブログにアップする時間が全く無くて、Facebookのアルバムに随時アップしていたのですが、今年は裏年という事もあり、例年に比べると実に落ち着いた夏を過ごしている気がします。

九州地方では大雨の被害が報告され心配しておりますが、こちらは晴れてきました。

まだ明るいので、大きくなってきた赤紫蘇を取りに行って、また赤紫蘇仕込みの続きをしようと思います。

大雨の被害がこれ以上広がりませんように。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。
 ※ なお、お知らせしていますように、今月24、25日は臨時休業とさせて頂きますのでご了承くださいませ。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-21 15:06 |  L梅仕事 | Trackback

梅雨の時期の病気対策

b0244034_10233627.jpg
おはようございます、苗子ですm(_ _)m

今朝は比較的涼しい朝だったので、明るくなってきた頃を見計らって、畑に行ってきました。

梅雨の時期になると心配なのが、「うどんこ病」です。

ちなみにこれは固定種の神田四葉胡瓜の葉っぱで、白い「うどん粉」みたいに見えるのがそれで、ちょっと葉っぱが茶色くなってる部分は、これも高湿度の条件で発生しやすい「ベト病」です。

当店で育てている野菜でいうと、胡瓜、南瓜、メロン、ズッキーニなどウリ科の大きな葉っぱを持つ物がかかる事が多いのですが、うどんこ病対策としても有用な物を数年前から使用しています。

b0244034_10195850.jpg
それが左のペットボトルに入っている物で、「えひめAI」という物です。

これは愛媛県の鬼北町という環境浄化微生物(えひめAI-1・えひめAI-2)で、愛媛県産業技術研究所という所で開発された物だそうですが、私はネットでこの情報を知り、確か一昨年から使用し始め、昨年は農文教(農産漁村文化協会)が出版されている「農家が教える」シリーズの一冊、「農家が教える 微生物パワー とことん活用読本: 防除,植物活力剤から土つくりまで 」で更に興味を持ち、使い続けています。

作り方は、こちらでもご確認頂けるのですが、材料は、
納豆
ヨーグルト
ドライイースト 
砂糖
水(米のとぎ汁でも可
だけ。

後はペットボトルとミキサーがあれば誰でも簡単に作れます。
(家庭用で作れる分量は、PDFのえひめAI-2でご確認頂けます。ただし、左のリンクをクリックすると、すぐPDFファイルが開かれますのでご注意くださいm(_ _)m)

当店は厨房の二重サッシの間が窓を閉めているとかなり暑くなるので、ヒーターなど使わずにここで作りました。

b0244034_10195885.jpg
こちらは出来上がった物の上澄みを手前のペットボトルに移した物です。

こちらを約1,000倍に薄めた物を、スプレーに入れ、先のうどんこ病が発生した葉っぱや、まだ発生していない所に吹き付けるようにしたり、本当に時折じょうろに同じように希釈した物を蒔いています。

今年は一号畑にも堆肥を入れる事を止め、このえひめAIだけを使って育てているのですが、昨年までとは虫の付き具合も全然違い、うどんこ病には多少やられているものの、今のところ順調に育っていると言えると思います。

実はプランター栽培中の、メロンや南瓜、ズッキーニもうどんこ病の被害にあっているのですが、えひめAIのお陰で、うどんこ病の発生率が格段に減っており、被害を食い止めている状況です♪

このえひめAIは、生ゴミなどの臭気削減や、配水管の汚れ対策にもなるということで、環境にも優しく手軽に作れる物として興味のある方は作られてみてはいかがでしょうか?

ウリ科の中でもうどんこ病にかかりにくいお野菜もあります。

b0244034_10195839.jpg
それはゴーヤです。

流石熱帯アジア生まれと言われるだけあり、湿気にも強く、うどんこ病になったのを見たことがありません。

ご覧のように、ネットはもうグリーンカーテン状態になり、ずっと使い続けて、今年できっと終わりかもと思われる簾に手が届くようになりました!

b0244034_10195817.jpg
気づくと簾の下に潜り込もうとしてしまうので、時々チェックしては、簾に絡んでくれるように誘引しています。

b0244034_10195804.jpg
前々からチェックしているゴーヤも、もうそろそろ収穫時でしょうか^^?

今年は簾の上から、ゴーヤのグリーンカーテンが出来て、風通しも良く更に涼しくなってくれる事を期待しています (´艸`)

しかし早朝畑に行った時は、どんより曇り空で、畑の草取りをしようと思った途端、パラパラと雨が降ってきてしまいました(T_T)

ご紹介したい記事も溜まっているので、今日はそれらをまとめて、出来る限りアップさせて頂きたいと思います。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。
 ※ なお、お知らせしていますように、今月24、25日は臨時休業とさせて頂きますのでご了承くださいませ。



[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-21 10:58 | 畑仕事 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_11150456.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、鮭のソテー ヘルシータルタルソースがけと、モロッコインゲンの塩麹豚肉巻きとなっております。

b0244034_11155197.jpg
塩糀に漬けた宮城産の鮭は、大和産津久井在来大豆を絞った豆乳、塩糀で作りました自家製マヨネーズ、自家製無農薬玉葱と大葉を合わせたヘルシーなタルタルソースをかけました。

こちらは卵を使用せずお作りするソースなので、卵にアレルギーをお持ちの方にも、そうで無い方にも、大変気に入って頂ける一品です♪

b0244034_11150417.jpg

今が旬を迎えている自家製無農薬モロッコインゲンは、塩麹に漬けた国産豚肉で巻いて焼きました。

タンパク質分解酵素が強く、デトックス効果も高い麦麹で作った塩麹は、少し癖があるものの、味噌漬けのような味もお楽しみ頂けて、ご好評いただいております^^

b0244034_11150478.jpg
こちらは実は今朝出来ている事に気付いた固定種から育てた神田四葉胡瓜。

雨が降る前に大きくなっていた過去の胡瓜は、こちらでご紹介したように曲がっている物が多かったのですが、今日のは雨が降った後に育ってきた物だったと見られ、結構真っ直ぐ!

b0244034_11150341.jpg
とはいえ、店主の性格に似るのか似ないのか、戻ってきてよくよく見てみたら、ちょっと曲がってる事が分かりました(^^;)

いずれにせよ、曲がっていようが、真っ直ぐだろうが、そのまま触ると棘が痛いと感じる位、ブルームがあるものの、シャキシャキした食感と瑞々しさ、そして噛めば噛むほど甘みを感じる美味しい胡瓜です♪

b0244034_11150409.jpg
本日も採れ立ての素材の味をお楽しみ頂きたく、平本さんの生姜と共に、塩味のナムルにいたしました。

b0244034_11150485.jpg
千葉産人参は、甘糀を使った砂糖不使用の甘酢サラダにして、 不足しがちな必須脂肪酸の一つ、オメガ3系脂肪酸を多く含み、α-リノレン酸はゴマの150倍以上、食物繊維は2倍以上と言われるオーストラリア産のフラックスシードをトッピングしました。

b0244034_11150464.jpg
苗太郎畑で収穫した自家製無農薬男爵の新じゃがは、柔らかい皮ごとパルメザンチーズと共に焼きました。

b0244034_11150490.jpg
そしてこちらは週末でグンと大きくなってきた固定種の茄子の様子です。

こちらが恐らく一号として収穫出来そうです♪

そしてお気づきの方もいらっしゃったかもしれませんが、ここ数日のお品書きには、野菜の品種だけでなく、種の種類についても記載させて頂いております。

~次世代へ命を繋ぐ~ 種取 」でご紹介しましたが、当店の畑は狭いながらも、ほぼ全ての野菜を、その性質が1代だけに表れるF1品種では無く、昔ながらの方法で採種されてきた「固定種」という種から自分で育苗して育てており、今後も出来る限り自家採種した種から育てていくつもりでおります。

当店のお弁当をお召し上がり頂いたお客様が、「この野菜美味しい!」と思われ、ご自分でも育ててみたいと思って下さる方もいらっしゃるかもしれないと思ったのが、理由の一つです。

固定種と記載が無いのは、苗から購入した物など、種の出所がハッキリ名言出来ない物とお考え頂いて結構です。

また、農家さんから仕入れた野菜につきましても、今までも品種が分かる場合は明記するようにしておりましたが、全てにおいて記載出来る訳ではございませんこと、ご了承くださいませ。

今後も続々と、地元の農家さんのお野菜に加え、自家製無農薬固定種野菜が増えて参ります。

今のところ、今まで通り「朝採り」が出来ておりますが、こちらでお知らせしたように、今後は野菜の生長が早くなったり、防鳥対策のため、早めに収穫させて頂く場合もございます。

また、ご予約人数様やタイミングによっては、お入れ出来ない日もあることご了承くださいませ。

・ 宮城産鮭のソテー ヘルシータルタルソースがけ
・ 自家製無農薬固定種 モロッコインゲンの塩麹豚肉巻き
・ 自家製無農薬固定種 汐止晩生葱入り卵焼き
・ 自家製無農薬固定種 神田四葉胡瓜のナムル
・ 千葉産人参の甘酢サラダ
・ 自家製無農薬男爵のチーズ焼き
・ 自家製無農薬固定種リーフレタス
・ 自家製無農薬スティックブロッコリー
・ 香川産ミニトマト
・ 千葉産人参と自家製無農薬固定種みやまこかぶの糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんのキヌヒカリ) 

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-20 11:33 | 本日のお弁当 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_10542654.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、鶏の塩麹漬け焼きと、鰺と瀬沼さんの干し牛蒡の梅麹煮となっております。

b0244034_10542624.jpg
麦麹で作った塩麹に漬けて焼いた国産若鶏は、ちょっと癖があるので苦手な方は苦手でいらっしゃるかもしれませんが、味噌漬けのような味をお楽し頂け、気に入ってくださる方も多い一品です♪

b0244034_10542681.jpg
今日も真夏日になる事が予想されるため、もう一つのメインは、昨日のお弁当と同じ鰺と牛蒡の梅麹煮にいたしました。

長崎産鰺は、瀬沼さんの牛蒡を干して旨味を増した干し牛蒡、神谷さんの小梅で作った三年熟成の自家製梅干し、平本さんの生姜、干し牛蒡の戻し汁、麦麹で作った醤油麹と甘麹を使った、砂糖不使用の煮物にして、自家製無農薬固定種の青じそちりめんを乗せました。

梅と青じそのサッパリした味と、干し牛蒡から出た味をお楽しみ頂けると思います♪

b0244034_10542610.jpg
昨日のお弁当にはこちらでご紹介した胡瓜をお入れしましたが、今朝はその奥にある葉っぱに隠れていた方を収穫してきました^^

b0244034_10542541.jpg
固定種から育てた自家製無農薬神田四葉胡瓜は、ブルームと呼ばれるトゲトゲが特徴で、昨日のはもっと大きくて曲がっていたのですが、今朝お取りしたのは、ちょっとだけへそを曲げた感じ( *´艸)?

b0244034_10542538.jpg
叩いてみると、下の方には柔らかい種が沢山見受けられますが、この種も食感が良くて甘いので、こちらも一緒にお入れしています。

b0244034_10542670.jpg
採れ立ての味をお楽しみ頂きたく、昨日と同様、平本さんの生姜と共に塩味のナムルに。

噛めば噛むほど、四葉胡瓜の瑞々しさと食感や甘さを感じて頂けると思います♪

b0244034_10542653.jpg
朝日に映えるこちらは、今日はゴーヤと共にコンパニオンプランツとして育てている方のモロッコインゲン。

ちなみに昨日のお弁当にお入れした方は、神田四葉胡瓜のコンパニオンプランツとして育てている方のモロッコインゲンをお入れしました♪

モロッコインゲンは、今最盛期を迎えています!

b0244034_10553006.jpg
採れ立てのこちらは、軽く塩ゆでし、あえて食感が残る程度に砕いた大和産津久井在来大豆、愛産ちりめん、千葉産人参、絞った豆乳と塩糀で作りました自家製マヨネーズと共に和え、隠し味に同じ大豆で作った四年熟成の自家製味噌を加えました。

b0244034_10542659.jpg
そして昨日はまだ青みが若干残っていた固定種のステラミニトマトが、今朝畑に行ったらやっと色づいてくれてました(≧▽≦)

こちらでご紹介したように、今年は2月初旬に種まきをして、時には発泡スチロールにアンカを添えたり、育苗ハウスに移動したり、傅いて来たステラちゃん。

例年以上に早く初収穫が出来ました(T_T)

b0244034_10542578.jpg
キラキラ輝くステラの後ろには、昨日と同じように苗太郎畑で収穫した自家製無農薬男爵の新じゃがを、パルメザンチーズと共に香ばしく焼きました♪

一昨日の記事で今後は朝採りが難しくなる可能性がある旨、お知らせいたしましたが、今年は防鳥対策も早めにしたお陰か、今のところ鳥の被害に遭っておらず、今週はいつも通り朝採り採れ立て野菜をお入れ出来ました♪

今後も出来る限り新鮮な状態でお届けするよう努力いたしますが、雨が降った後に暑さが続くと、野菜達はグンと大きくなったり、逆に雨が減ると成長が遅くなったり病気になりやすくなったり、色々です。

自然相手の事ですので、その日にお入れ出来る野菜の種類も、数も収穫出来るまで分かりません。

その日によっては、またご予約人数様によっては、お入れ出来ない場合もございますこと、ご了承くださいませ。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみください^^

・ 国産若鶏の塩麹漬け焼き
・ 長崎産鰺と瀬沼さんの牛蒡の梅麹煮
・ 自家製無農薬固定種 葱入り卵焼き
・ 自家製無農薬固定種 神田四葉胡瓜の叩きナムル
・ 大和の大豆丸ごとサラダ
・ 自家製無農薬男爵の新じゃがのチーズ焼き
・ 自家製無農薬固定種 サニーレタス
・ 自家製無農薬 スティックブロッコリー
・ 自家製無農薬固定種 ステラミニトマト
・ 千葉産人参と自家製無農薬固定種 みやまこかぶの糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんのキヌヒカリ) 

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認くださいませ。
                 

[PR]
# by bento_nokaze | 2016-06-18 11:46 | 本日のお弁当 | Trackback