手作り弁当 野風

nokaze55.exblog.jp
ブログトップ

かくれんぼ継続中…

おはようございます。

今日も気持ちの良い朝となりました^^

最近の朝一番の仕事は…

育苗ハウスの開け閉めと、水やりです。

育苗ハウスが出来てから、約一ヶ月。

スチール棚にビニールを囲い、ピンチで留めているだけなのですが、最近の強風と日差しで大分くたびれて参りました(^^;)

先日の第一次選抜に漏れた固定種のステラミニトマト(右側)、そして左の鷹の爪もスクスク成長しております。

明日は雨の予報なので、来週早々にステラミニトマトの二次選抜をして、定植を目論んでいます。

こちらはG.W.中に定植した瀬沼さんが育苗されたアイコの脇目を刺して育てている物ですが、既に私が育苗・定植した苗より大きく、花も咲き始めています(^^;)

手前の赤ジソも定植出来る頃になったので今朝定植、育苗している苗たちのお引っ越しと共にハウス内も大分空いてきました!

朝晩のハウスの開け閉めや水やりからもそろそろ卒業させて貰いたいと思っている今日この頃です…。

こちらは今朝の畑で発見した「夏すずみ」の雌花です。

先日ご紹介した四葉胡瓜と比べると、やはりイボイボが少ないです。

こちらもまだ下の方になっているので、成長の邪魔にならないよう今朝摘んで来ました。

そして今日も畑に行って一番時間を割いたのは…

スティックブロッコリーに潜んでいる虫ちゃんとのかくれんぼです(>_<)

今週に入ってから、ずっと続いているかくれんぼ(-_-)…。

毎朝、毎夕探しているのに全く見つける事が出来ず、今日は近くの畑にいる方も一緒に鬼になってくれる始末(^^;)

葉の裏に隠れている事が多いので、一枚一枚めくっては探しているのですが、それでも見つからず(T_T)

このかくれんぼは、もう暫く続きそうです(_ _|||)

そしてこちらはグリーンカーテンを目論んでいるゴーヤ達です♪

頑張れ、ゴーヤ! 」でご紹介した苗は、一番真ん中の物。

一番小さいけれど、あちこちにツルを伸ばして頑張っています^^

そしてこちらは雌花を咲かせ始めたズッキーニです。

こちらも胡瓜と同じく、実が付いている物が雌花、付いていない物が雄花となり、雄花から受粉して実が育っていき、受粉出来ないと枯れてしまいます。

でも、残念ながら雄花が咲いてない(>_<)

雌花が咲くウチに雄花が咲いて何とか上手く受粉してくれれば良いと思っています。

スティックブロッコリーに住む虫ちゃんとのかくれんぼの様子は、また追ってご紹介させて頂きます…(-_-)


# by bento_nokaze | 2015-05-23 08:40 | 畑仕事

本日のお弁当

ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、イカ飯と、豚肉と春野菜の梅炒めとなっております。

富山産のスルメイカには、小林さんの餅米、瀬沼さんの生姜とゲソを加え、じっくりと中まで味を染みこませてモチモチの食感をお楽しみ頂けるよう仕上げました。

国産豚肉は、瀬谷産新玉葱を入れ、和歌山みなべいなみ産南高梅で作りました三年熟成の自家製無添加梅干しを使用した甘酸っぱい炒め物にして、塩茹でした相模原産の無農薬空豆をトッピングいたしました。


大和産の無農薬水菜は、国産大豆100%使用、防腐剤無添加の野上豆腐さんの油揚げと共におひたしに。


大和産津久井在来大豆は、あえて食感が残る程度に砕き、千葉産人参、平本さんの胡瓜、静岡産の桜海老、大豆を絞った豆乳で作りました卵不使用の自家製マヨネーズと共に和え、噛めば噛むほど大豆と桜海老の甘みを感じて頂けるよう仕上げました。

川口さんの筍は、平本さんの蕗の薹と自家製味噌で作った蕗味噌和えして、採れ立ての佐藤さんの無農薬木の芽を乗せました。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。       

・ イカ飯 
・ 国産豚肉と春野菜の梅炒め
・ 自家製無農薬葱入り卵焼き
・ 大和産無農薬水菜と野上豆腐さんの油揚げのおひたし
・ 大和の大豆丸ごとサラダ
・ 川口さんの筍の蕗味噌和え
・ 朝採り自家製無農薬サニーレタス
・ 小林さんの無農薬ブロッコリー
・ 愛知産ミニトマト
・ 千葉産人参と小林さんの蕪の糠漬け

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

# by bento_nokaze | 2015-05-22 14:59 | 本日のお弁当

固定種野菜の定植 【第一次選抜編】

おはようございます。

今朝は雷と強い雨音で目を覚ましましたが、本日は定植予定の苗があったので、恵みの雨!

早々起床し定植をしてきました^^

まずは、昨日の育苗中の固定種野菜の様子からご紹介です。

こちらはステラミニトマト。

固定種(在来種)は、交配せずに採種されてきた野菜のため、育ちにバラツキがあります。

奥の方は随分大きくなりましたが、手前の方はまだ小さく、定植には至りません。

でも、奥の方の苗には花芽を付けだした物もあったので、何本か選抜し、定植(畑への植え替え)する事にしました。

こちらは仙台長なす。

こちらは発芽が遅かった真黒茄子。

まだ小さくもう少し育苗しても良いかもしれないと思いつつ、中から大きめの物を選抜して定植します。

こちらが選抜した苗を昨日夕方から「ストチュウ」に浸けておいた物です。

「ストチュウ」とは、お酢と焼酎を1000倍ほどの水で薄めたもので、防虫効果があるとされています。

昨年から定植前の前夜には、こちらのストチュウに一晩浸け、翌日定植した後は、原則水をやらない方法を取っています。

土は表面上は乾いて見えても、中に行けば行くほど水分が含まれています。

そのため、根が水を求めて深く深く根ざし、根性ある苗に育ってくれるようこの方法を取るようになりました^^

さて、いよいよ定植です。

G.W.中の畑仕事で作り、準備万端だった雨よけの下に第一次選抜で選ばれたステラミニトマトを定植します。

雨の少ない南米産まれのトマトには、水を極力与えないように雨よけを作りましたが、昨晩の雨は定植には願ってもないプレゼント♪

瀬沼さんから購入したアイコはこんなに大きくなりました^^

既に立てておいた太い支柱に届く大きさでは無く、割り箸を使って支えました。

トマトは一定方向に花芽を付ける、つまり実がなるという性質を持つので、花芽がある方を手前側に持って行くと、収穫の時にも楽で、花芽を傷つける事もありません^^

お次は二種の固定種茄子です。

手前が仙台長なす、奥のちっちゃな、かぼそい苗が真黒茄子です。

改めて見ると、二種類共なんて小さな苗なんでしょう(>_<)

何とか元気に育って欲しいと思いますが、こちらも割り箸と便利なクリップで支えをして、後から寒冷紗をかけました。

しかし、寒冷紗をかけたからと言って、安心は出来ません…。

こちらは寒冷紗で覆っているスティックブロッコリーですが、こんなに大きな穴が空いてしまっています(>_<)

間違いなく青虫がいる証拠なので、毎朝探してはいるものの、どうしても発見出来ず(T_T)

朝活発に動くので、明日は朝一でこの虫とのかくれんぼから始めようと思います…(-_-)

そしてこちらは平本花園さんから購入させて頂いた庄屋大長茄子。

こちらの茄子は、皮が薄く、実もとろけるように柔らかくなる美味しい茄子で、今年はこちらも含め3種類の茄子を育てる事にしました。

ステラミニトマトは育苗中の苗から成長に合わせて選抜しつつ残りを定植していく予定です♪

さて、やっと当店の畑も苗で埋まり始め、畑らしくなってきましたが…

自家製柚子胡椒に使う鷹の爪は、何処に行くのでしょうか…(>_<)

最後になりましたが参考にさせて頂いている二つの本のご紹介をさせて頂きます。

・「これならできる!自然菜園 耕さず草を生やして共育ち 竹内孝功著
  不耕起で、少量の有機肥料を使い、無農薬で育てる自然菜園の本です。
  雑草の種類による土地の肥沃土の見分け方、コンパニオンプランツなど非常に事細かく解説されているオススメの本です。
  ストチュウを使った「根性のある苗」の育て方についても、こちらを参考にさせて頂きました^^
  
・「固定種野菜の種と育て方野口勲、関野幸生共著
  固定種を無肥料・無農薬で育てる自然栽培の本です。固定種の種は、野口種苗さんでオンライン注文可能です。

1冊目は、野菜本来の力を引き出すためにはどうしたら良いかなどの情報が満載!
2冊目は、代表的な固定種の説明に加え、無肥料・無農薬の自然栽培での育て方が書かれています。

今年は無肥料・無農薬に挑戦していた二号畑が無くなってしまったので、有機肥料・無農薬の一号畑でのみ栽培しますが、二冊とも野菜本来の力を引き出し、自然とどうやって共存していくか、また自家採取の方法など書かれているので、持っていて損は無いオススメの二冊です^^

# by bento_nokaze | 2015-05-21 09:14 | 畑仕事

本日のお弁当

ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、ノルウェー産塩鯖と野風特製煮豚となっております。

ノルウェー産塩鯖は、香ばしく焼き上げ、

国産豚ロース肉は、中まで火を通し過ぎる事無くしっとり仕上げ、朝採りの自家製無農薬葱の花を乗せました。

シャキシャキとした食感と、甘みと苦みを併せ持つ葱の花は、豚肉に巻いて、お好みで辛子を付けてお召し上がりください♪

小林さんのほうれん草は、サッと湯がいておかかを乗せただけでお詰めしております。

素材の味をお楽しみ頂いた後、お好みで滝本さんの無農薬柚子で作りました自家製ポン酢をかけてお召し上がりくださいませ。


大和産津久井在来大豆は、あえて食感が残る程度に砕き、瀬戸内産チリメン、千葉産人参、小林さんの絹さや、大豆を絞った豆乳で作りました卵不使用の自家製マヨネーズと共に和え、噛めば噛むほど大豆と野菜の甘みとチリメンの塩気を感じて頂けるよう仕上げました。

   
大輪のお肉の花に隠れているのは、大和の焼酎「和み」にも使われております平本さんの「紅あずま」、大和産津久井在来大豆で作りました自家製無添加豆乳と少量のバターを加えて作りました茶巾です。

じっくりと蒸して素材の甘みを引き出し、砂糖不使用でお作りしています。

お口直し、またはデザートとしてお召し上がりください。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。  

・ 野風特製煮豚 
・ ノルウェー産塩鯖
・ 自家製無農薬葱入り卵焼き
・ 小林さんのほうれん草 自家製ポン酢添え
・ 大和の大豆丸ごとサラダ
・ 平本さんの紅あずまの豆乳茶巾
・ 朝採り自家製無農薬わさび菜
・ 小林さんの無農薬ブロッコリー
・ 愛知産ミニトマト
・ 千葉産人参と小林さんの蕪の糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんのキヌヒカリ)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

# by bento_nokaze | 2015-05-20 11:43 | 本日のお弁当

紫蘇の定植が終わりました!

おはようございます。

先週末と雨が降った今週頭にかけて、育苗している固定種野菜の一部、紫蘇系の定植をしました。

手前は自家製梅干しに使う予定の赤ジソ、奥が青じそです。

畑が狭くなったというのに、どうしても自家製無農薬の赤ジソを梅干しに使いたくて、ほぼ一列を紫蘇が締めています(>_<)

赤ジソは、昨年無肥料・無農薬に挑戦した二号畑で育った物から自家採種した物を育てました。

去年は最終的にはあんなに沢山出来たけれど、結果的に蒔く時期が遅くなってしまい、平本さんの超完熟梅にしか使えず、その後は紫蘇ジュースを作る時間も無く、種取が主となってしまい、実に勿体ない事をしてしまったので、今年こそは全ての梅干しに使えればと思っています!

無農薬ということもありますが、紫蘇はバッタの大好物なので、出来る限り寒冷紗で覆って育てます。

梅仕事ももうすぐ始まりますが、今年は何とか赤ジソ仕込みの時には育って欲しいと思っています。

こちらは今年初挑戦の固定種「ちりめん青しそ」です。

周りがうっすら赤いですが、成長と共にどうなっていくのかが楽しみです♪

紫蘇は乾燥を嫌うお野菜。

定植前後に雨が降ってくれたので、丁度良いタイミングで定植出来ました^^

そしてこちらは四葉胡瓜の雌花で、花を咲かせる前です。

雌花には胡瓜の赤ちゃんが付いていて、雄花には付いていません。

雄花から受粉出来れば実になっていきます。

この胡瓜、イボイボが普通の胡瓜よりあるのがお分かりになりますか?

以前こちらでご紹介した胡瓜の赤ちゃんにはイボイボがそんなにありません。

最近売られている胡瓜は、イボが少ない物が多いのですが、それはそのイボが輸送により潰れると傷みやすいからなんです。

でもこの四葉胡瓜は、パリパリした食感でとても美味しいし、当店は採れ立てを使うので、今年はこちらを主に育ててみる事にしました♪


こちらは雌花が花を咲かせた様子です。

早くから実を作る方にエネルギーを費やしてしまうと成長に支障が出るため、早く出たこちらは摘み取ります。

一ヶ月ほど前には、ハートの双葉を見せて、こんなに小さかった「わさび菜」も…

こんなに大きくなり、昨日のお弁当にもお入れしました♪

わさび菜や、サニーレタスなどのリーフレタス系は、大きくなった周りの葉から摘んでいっても、どんどんまた葉が出てくるので、結球型の物より収穫が長く、家庭菜園にはオススメのお野菜です^^

後は、固定種のステラミニトマトと、二種類の茄子の育苗終了を待つばかりとなりました。

今週末には植えたいけれど、どうなることやら…。

またのご紹介をお楽しみになさってください♪

# by bento_nokaze | 2015-05-20 06:43 | 畑仕事