本日のお弁当

b0244034_13425766.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、鶏の柚子塩糀漬け焼きと、秋鮭の醤油麹きのこあんかけとなっております。

b0244034_13425638.jpg
国産若鶏は、滝本さんの無農薬柚子で作った一年熟成の自家製柚子塩糀に漬けて、香ばしく焼き上げ、

b0244034_13425862.jpg
醤油麹に漬けた岩手産秋鮭は、北海道産椎茸、新潟産エノキダケ、自家製無農薬葱、平本さんの生姜、醤油麹を使ったあんをかけました。

b0244034_13425708.jpg
自家製無農薬固定種 新黒水菜小松菜は、砂糖の代わりに甘糀を使い、無肥料・無農薬で育てました金胡麻と共に、クルミのような風味をお楽しみ頂ける胡麻和えに。

b0244034_13425885.jpg

大和産の津久井在来大豆は、あえて食感が残る程度に砕き、瀬沼さんの人参、自家製無農薬万願寺唐辛子、国産ちりめん、絞った豆乳と塩糀で作りました自家製マヨネーズと共に和え、隠し味に同じ大豆で作りました四年熟成の自家製味噌を加えました。

b0244034_13425712.jpg
大和の焼酎「和み」にも使われております平本さんの「紅あずま」は、じっくりと蒸して素材の甘みを引き出し、少量のバターと自家製豆乳を加えた砂糖不使用の茶巾にして、不足しがちな必須脂肪酸の一つ、オメガ3系脂肪酸を多く含み、α-リノレン酸はゴマの150倍以上、食物繊維は2倍以上と言われるオーストラリア産のフラックスシードをトッピングしました。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。

・ 国産若鶏の柚子塩糀漬け焼き
・ 岩手産秋鮭の醤油麹きのこあんがけ
・ 自家製無農薬葱入り卵焼き
・ 自家製無農薬固定種 新黒水菜小松菜の金胡麻和え
・ 大和の大豆丸ごとサラダ
・ 平本さんの紅あずまの豆乳茶巾
・ 自家製無農薬サニーレタス
・ 自家製無農薬スティックブロッコリー
・ 山形産ミニトマト
・ 瀬沼さんの人参と自家製無農薬固定種 みやまこかぶの糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんの「はるみ」)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-30 17:02 | 本日のお弁当 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_13055783.jpg
本日は、「あとりえ・すぱいす」さんのワークショップのお供にメイン1品のお弁当をご注文いただきました。

メインは、鶏と大根の醤油麹煮となっております。

b0244034_13044182.jpg
麦麹で作りました塩麹に漬けた国産若鶏は、瀬沼さんの大根と共に、醤油麹を使った煮物にいたしました。

b0244034_13044191.jpg
自家製無農薬固定種の新黒水菜小松菜は、平本さんの生姜、無肥料・無農薬で育てました金胡麻を使った塩味のナムルに。

b0244034_13044296.jpg
こちらは天然のオリゴ糖を多く含み、動脈硬化や脳梗塞を防ぎ、糖の吸収を抑えると言われ、保存と共に甘みが増すヤーコンです。

b0244034_13044209.jpg
小林さんのヤーコンは、瀬沼さんの人参・自家製無農薬唐辛子、金胡麻と共に、素材の甘みを活かした砂糖不使用のきんぴらにいたしました。

b0244034_13044139.jpg
こちらは見た目が白く、一般的なサツマイモに比べ、ビタミン類やミネラルの含有量が非常に多く含まれ、糖尿病予防にも効果があると言われるシモン芋(別名:カイアポ芋)です。

b0244034_13044274.jpg
平本さんのシモン芋は、大和産津久井在来大豆で作りました四年熟成の自家製味噌と甘麹、平本さんの生姜と自家製無農薬葱を使った味噌炒めにいたしました。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。

・ 国産若鶏と瀬沼さんの大根の醤油麹煮
・ 自家製無農薬葱入り卵焼き
・ 自家製無農薬固定種 新黒水菜小松菜のナムル
・ 小林さんのヤーコンと瀬沼さんの人参のきんぴら
・ 平本さんのシモン芋の味噌炒め
・ 自家製無農薬サニーレタス
・ 自家製無農薬スティックブロッコリー
・ 山形産ミニトマト
・ 冨田さんの人参と自家製無農薬固定種 みやまこかぶの糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんの「はるみ」)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-28 13:09 | 本日のお弁当 | Trackback

11月の初雪


こんばんは、苗子ですm(_ _)m

昨日は、関東地方で54年ぶりの11月の初雪ということで、寒い1日でしたね。

スクスク育っている秋冬野菜の様子が心配でしたが、昨日雪が止んだ後すぐに畑に行ってみました。

b0244034_16164033.jpg
やっぱり潰されてる~(>_<)

このままにしておくと、冷え込みにより翌朝は固くなって、雪も溶けにくくなり、取り除きにくくなるので、雪がまだ柔らかいうちに除去。

b0244034_16152402.jpg
雪を取り除くと潰されていた支柱もすぐに元に戻り復活v(^o^)

手前には大根が植わっています♪

柔らかくて、形状が元に戻りやすいグラスファイバーの支柱を使うようにしてから、積雪後の被害も大分少なくなりました^^

b0244034_16152523.jpg
サニーレタスも…、
b0244034_16152524.jpg
巻き始めた白菜も無事!

b0244034_16164019.jpg
ブロッコリーは、水に濡れたままだと、腐り始めてしまう事が多いのですが、やっと出来はじめたスティックブロッコリーも無事でした!

その他、固定種の小松菜、日本ほうれん草、みやまこかぶなども無事でしたが、例年年末から年明けまでには収穫出来るステラミニトマトが霜にやられてしまいました(T_T)

b0244034_16325583.jpg
こちらは今月初めの様子。

最近になって、やっと赤くなってきたのもあったのに、残念です…。

当店は植えていないものの、秋作のジャガイモを育てていらした方もやられてしまった方が多かったようです。

全国的に天候不順により野菜の高騰が続いていますね。

地場のお野菜も端境期を脱し始めた所だったので様子が心配ですが、被害が少ない事を祈るばかりです。

今日も晴れたとはいえ、寒い1日でしたね。

風邪などひかないようくれぐれもお気を付けてお過ごしくださいm(_ _)m

少なかった自家製無農薬野菜も、徐々にお入れ出来るようになってきました。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-25 16:49 | 畑仕事 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_11054290.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、鶏と大根の塩糀煮と、ブリの醤油麹漬け焼きとなっております。

b0244034_11041801.jpg

塩糀に漬けた国産若鶏は、瀬沼さんの大根と共に塩糀とお出汁を効かせた煮物に。

b0244034_11041791.jpg
醤油麹に漬けた愛媛産ブリは、香ばしく焼いて、自家製赤梅酢に漬けた茨城産蓮根を添えました。

b0244034_11041821.jpg

小川さんのほうれん草は、平本さんの生姜、無肥料・無農薬で育てました金胡麻と共に塩味のナムルに。

b0244034_11041889.jpg
瀬沼さんの牛蒡と冨田さんの人参は、自家製無農薬唐辛子と金胡麻と共に、砂糖の代わりに甘糀を使ったきんぴらにいたしました。

b0244034_11041719.jpg
大和の焼酎「和み」にも使われております平本さんの「紅あずま」は、吉田さんの無農薬柚子を使った柚子煮にいたしました。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。

・ 国産若鶏と瀬沼さんの大根の塩糀煮
・ 愛媛産ブリの醤油麹漬け焼き 茨城産蓮根の自家製赤梅酢漬け
・ 瀬沼さんの葱入り卵焼き
・ 小川さんのほうれん草のナムル
・ 瀬沼さんの牛蒡と冨田さんの人参のきんぴら
・ 平本さんの紅あずまの柚子煮
・ 自家製無農薬サニーレタス
・ 大和産ブロッコリー
・ 山形産ミニトマト
・ 冨田さんの人参と小林さんの蕪の糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんの「はるみ」)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。




[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-17 12:10 | 本日のお弁当 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_12565708.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日は、あとりえ・すぱいすさんでのワークショップのお供に、メイン1品のお弁当をご注文頂きました。

メインは、豚肉の梅塩糀生姜焼きとなっております。

b0244034_12565790.jpg
塩糀に漬けた国産豚肉は、北海道産玉葱、大和産無農薬梅で作りました三年熟成の自家製梅干しと、平本さんの生姜を使った砂糖不使用の生姜焼きにいたしました。

b0244034_12565851.jpg
小林さんの小松菜は、無肥料・無農薬で育てた固定種の金胡麻と、砂糖の代わりに甘糀を使い、クルミのような風味をお楽しみ頂ける胡麻和えに。

b0244034_12565684.jpg

大和産の津久井在来大豆は、あえて食感が残る程度に砕き、冨田さんの人参、自家製無農薬万願寺唐辛子、国産ちりめん、絞った豆乳と塩糀で作りました自家製マヨネーズと共に和え、隠し味に同じ大豆で作りました四年熟成の自家製味噌を加えました。

b0244034_12565862.jpg
大和の焼酎「和み」にも使われております平本さんの「紅あずま」は、じっくりと蒸して素材の甘みを引き出し、少量のバターと自家製豆乳を加えた砂糖不使用の茶巾にして、小林農園さんの茹で落花生「オオマサリ」を乗せました。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。
・ 豚肉の梅塩糀生姜焼き
・ 自家製無農薬葱入り卵焼き
・ 小林さんの小松菜の金胡麻和え
・ 大和の大豆丸ごとサラダ
・ 平本さんの紅あずまの豆乳茶巾
・ 自家製無農薬サニーレタス
・ 長野産ブロッコリー
・ 山形産ミニトマト
・ 冨田さんの人参と小林さんの蕪の糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんの「はるみ」)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-14 13:01 | 本日のお弁当 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_11111329.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、海老のチーズフライ風と牛肉のしぐれ煮となっております。

b0244034_11111108.jpg
インド産バナメイ海老は、細かく砕いたパン粉にパルメザンチーズを合わせた衣を付けて上げずに焼き上げ、

b0244034_11111214.jpg

豪州産牛肉は、麦麹で作りました醤油麹、砂糖の代わりに甘麹を使い、瀬沼さんの牛蒡と生姜と共に、優しいながらもご飯がススム味に仕上げました。

b0244034_11111310.jpg
自家製無農薬固定種の「新黒水菜小松菜」は、無肥料・無農薬で育てた固定種の金胡麻と、砂糖の代わりに甘糀を使い、クルミのような風味をお楽しみ頂ける胡麻和えに。

b0244034_11111190.jpg
大和産の津久井在来大豆は、あえて食感が残る程度に砕き、冨田さんの人参、大和産いんげん、国産ちりめん、絞った豆乳と塩糀で作りました自家製マヨネーズと共に和え、隠し味に同じ大豆で作りました四年熟成の自家製味噌を加えました。

b0244034_11111228.jpg
大和の焼酎「和み」にも使われております「紅あずま」は、じっくりと蒸して素材の甘みを引き出し、少量のバターと自家製豆乳を加えた砂糖不使用の茶巾にして、小林農園さんの茹で落花生「オオマサリ」を乗せました。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-11 17:31 | 本日のお弁当 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_14404335.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、鶏と大根の塩糀煮と、秋鮭の醤油麹漬け焼きとなっております。

b0244034_14404341.jpg

塩糀に漬けた国産若鶏は、大和産大根と共に、塩糀とお出汁がしみた煮物に。

b0244034_14404394.jpg
北海道産秋鮭は、醤油麹に漬けて香ばしく焼き、茨城産蓮根の自家製梅酢漬けを添えました。

b0244034_14404286.jpg
瀬谷産のほうれん草は、無肥料・無農薬で育てました金胡麻と甘糀を使った砂糖不使用の胡麻和えに。

b0244034_14404249.jpg
大和産の津久井在来大豆は、あえて食感が残る程度に砕き、冨田さんの人参、大和産いんげん、国産ちりめん、絞った豆乳と塩糀で作りました自家製マヨネーズと共に和え、隠し味に同じ大豆で作りました四年熟成の自家製味噌を加えました。

b0244034_14404345.jpg
大和の焼酎「和み」にも使われております「紅あずま」は、じっくりと蒸して素材の甘みを引き出し、少量のバターと自家製豆乳を加えた砂糖不使用の茶巾にして、小林農園さんのオオマサリを乗せました。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。        

・ 国産若鶏と大和産大根の塩糀煮
・ 北海道産秋鮭の醤油麹漬け焼き 茨城産蓮根の自家製梅酢漬け添え
・ 自家製無農薬葱入り卵焼き
・ 瀬谷産ほうれん草の金胡麻和え
・ 大和の大豆丸ごとサラダ
・ 井上さんの紅あずまの豆乳茶巾
・ 大和産サニーレタス
・ 瀬谷産ブロッコリー
・ 山形産ミニトマト
・ 大和産人参と大和産蕪の糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんのハルミ)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。

[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-09 15:21 | 本日のお弁当 | Trackback

本日のお弁当

b0244034_11053112.jpg
ご注文ありがとうございます。

本日のメインは、ヘルシーレンコン味噌ハンバーグと塩糀ブリ大根となっております。

b0244034_11053012.jpg
ハンバーグは、たっぷりすり下ろした茨城産蓮根のみをつなぎに使い、国産豚挽肉、北海道産玉葱、平本さんの生姜、粗みじんした蓮根も加え、大和産津久井在来大豆で作りました四年熟成の自家製味噌のみで味付け、野菜の甘みもお楽しみ頂けるよう仕上げました。

b0244034_11053007.jpg

塩糀に漬けた愛媛産ブリは、大和産大根と共にお出汁と塩糀が効いた煮物にいたしました。

b0244034_11053155.jpg
朝採りの自家製無農薬固定種「真黒水菜小松菜」は、平本さんの生姜、無肥料・無農薬で育てました金胡麻と共に塩味のナムルに。

b0244034_11053210.jpg
瀬沼さんの干し牛蒡と冨田さんの人参は、自家製無農薬唐辛子と共に、砂糖の代わりに甘糀を使ったきんぴらにいたしました。

b0244034_11053010.jpg
自家製無農薬男爵は、国産大豆100%使用、防腐剤無添加の野上豆腐さんの油揚げと共に煮物にしております。

本日も地場産野菜の旬の味をお楽しみくださいませ。

・ ヘルシーレンコン味噌ハンバーグ
・ 塩糀ブリ大根
・ 自家製無農薬葱入り卵焼き
・ 自家製無農薬固定種 新黒水菜小松菜のナムル
・ 瀬沼さんの干し大根と冨田さんの人参のきんぴら
・ 自家製無農薬男爵と野上豆腐さんの油揚げの煮物
・ 大和産サニーレタス
・ 北海道産ブロッコリー
・ 山形産ミニトマト
・ 冨田さんの人参と小林さんの蕪の糠漬け
・ 白米、玄米、または雑穀米入りご飯(小林農園さんの「はるみ」)

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-11-07 12:22 | 本日のお弁当 | Trackback
b0244034_10133585.jpg
ご無沙汰しております、苗子ですm(_ _)m

川口農園さんで無肥料・無農薬で育てさせて頂いていた金胡麻。

【金胡麻栽培奮闘記 その1】種まき」に始まり、「【金胡麻栽培奮闘記 その8】金胡麻の収穫」までお伝えしておりましたが、先週やっと全ての金胡麻の選別が終わりました!

今年はまさに秋の長雨といった感じでお天気の悪い日が続き、作業に時間がかかってしまったのですが、今日は干し&選別作業の様子をご紹介させて頂きます。

b0244034_10085315.jpg
金胡麻の弾け具合を見分けながら収穫しつつ、昨年同様今年もスペースのある主人の実家で干し作業。

b0244034_10085323.jpg
青々して鞘が閉じていた上の方も、干していくうちに鞘が弾けて金胡麻が見えてきました!

b0244034_10085341.jpg
まずはやっと晴れた日に鞘から金胡麻を取り出す作業に入ります。

鞘の中に金胡麻が残る事が無いよう、叩きながら落としていきます。

b0244034_10303040.jpg
鞘から綺麗に金胡麻が落ちた所で…、

b0244034_10085239.jpg
粗めのふるいで鞘を取り除きます。

b0244034_10085142.jpg
今年は収穫時に、余分な葉っぱを切り落としておいたのが良かったですが、さぁ~これからが一番大変な選別作業です。

とはいえ、最終的に洗った後は、すぐに干しに入らないと発芽してしまうため、こちらもなかなか作業に入れず(T_T)

やっとお天気が続く日を見計らって選別作業に入りました。

b0244034_10161975.jpg

選別前はこんな感じで、葉っぱや鞘の間の部分も多い!

昨年選別に初挑戦した時は、ここから洗いに入って、水を使って選別を始めたのですが、今年はまずは扇風機をトウミ代わりに使うことにしました。

b0244034_10102645.jpg
一人で作業していたので、作業途中の写真が撮れなかったのですが、扇風機の弱い風を使って、胡麻を上から下に落とし、その風で軽い葉っぱやゴミの部分を飛ばして行きます。
(実際には下に大きなタライを置いて、選別後の金胡麻が落ちるようにしておきました。)

b0244034_08523552.jpg
軽い葉っぱやゴミの部分が下においたタライの奥やシートの上に飛ばされていきます。

タライの奥に落ちた物を除去しつつ、風の位置を調整しながら、上からザァ~っと落としていくのを繰り返していくと…、

b0244034_08523448.jpg
タライの中にあるのは、徐々に金胡麻の方が多くなり…、

b0244034_10102516.jpg
鞘の間の部分や葉っぱのかけらや、実の入っていない軽い胡麻などと、選別出来てきました!

b0244034_10111731.jpg
ここからは、昨年同様洗いながら、更に選別していきます。

水に浸すと…、

b0244034_10111728.jpg
まだまだゴミや軽い部分が一杯!

洗いながら浮いて来る物を取り除きます。

b0244034_10111657.jpg
下の方には重い砂や石が溜まるので…、

b0244034_10111600.jpg


何度も洗いを繰り返して、綺麗にした後…、

b0244034_10111894.jpg
網の細かいネットに入れて脱水。

b0244034_10120790.jpg
その後、時折かき回しながら数日間天日に干しました。

これらを数度に分けて繰り返し、最終的には昨年同様、取りきれなかった小さなゴミをピンセットで一人黙々と取り…、

b0244034_10133585.jpg
選別し終えた金胡麻がこちらです!

やっぱり胡麻はこの最後の選別作業が本当に大変(>_<)

昨年は、収穫&選別だけさせて頂いたのですが、今年は種まきから苗の管理までさせて頂き、とても勉強になりました。

昨年の経験も踏まえて今年は間引きや収穫の時期も早くしたり、トウミ代わりに扇風機を使ったりした事もあり、昨年の倍は収穫出来たと思います^^

今年も貴重な機会と経験を与えてくださった川口さんに心から感謝申し上げます。

ありがとうございました!

b0244034_11465747.jpg
こちらは先日お作りした胡麻和えですが、川口さんが厳選されたお米で作られた米糀と小林農園さんが作られた湘南産まれの新しい品種「ハルミ」で作った甘糀(甘酒)を使い、砂糖不使用でお作りした優しい味の胡麻和えです。

金胡麻はクルミのような贅沢な風味がする胡麻になりますが、胡麻和えに加え、地場の生姜と金胡麻を使ったナムルやきんぴらなど、これからは在庫がある限り色々な形で登場いたしますので、お楽しみになさってくださいませ。

「自家製」と「地場産」にこだわった野風のお弁当のご注文方法は、こちらでご確認ください。


[PR]
# by bento_nokaze | 2016-10-27 11:32 | 畑仕事 | Trackback

神奈川県大和市中央林間にある完全ご予約制の仕出し弁当屋です。「地球と身体に優しく」をモットーに、「自家製」と「地場産」にこだわったお弁当をお届けします。


by bento_nokaze